LINUX USB boot #92019年01月08日 22時15分

aliasコマンドを永久保存するために、geditエディタにより98番の alias
構文を .bashrc の一番下の行に書き込む必要がある。また Ubuntu では、
通常は locale において日本語環境の LANG="ja_JP.UTF-8" になっている
が、これを英語環境に変更するために、104番の二行のように書き換えた。
Winetricks により、全てのフォントを導入してみたが、まだ文字未解決。

101. $ gedit ~/.bashrc
102. alias soundmodem100='wine ~/.wine/drive_c/soundmodem/soundmodem100/soundmodem.exe'
103. $ sudo gedit /etc/default/locale
104. LANG="en_US.UTF-8"
     LANGUAGE="en_US:en"
105. $ winetricks allfonts

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック