Linux Radio Transmission Decoder2016年07月23日 11時29分

Multimon と GNU-Radio で、こんなこともできるようです。



How to connect GNU Radio receiver to multimon soft modem
http://youtu.be/GBmli8Vflig
http://archive.is/HvQea

DTUsat-2 using LINUX2016年07月23日 10時13分



DTUsat-2 の 2.4GHz信号を、初めて、LINUX_GRPX 経由で見ることができました。
2401.851MHz をちょうど通過した時には、信号音もはっきりと聞くことができま
した。2401.800MHz付近には、自局の近くにある暗黒星雲がうっすらと見えます。
GQRX は、wav形式で録音もできます。また、IQデータは録音と再生の両方ができ
ます。

Multimon decoder2016年07月23日 08時07分



Multimon という 3rd party製のデコーダーをインストール中。
インストールの GUI画面まで起動するが、ここから変化がなく先に進まない。

The multimon software can decode a variety of digital transmission modes
commonly found on UHF radio. A standard PC soundcard is used to acquire
the signal from a transceiver. The decoding is done completely in software.
Currently, the following modes are supported:

    AX.25
        1200 Baud AFSK
        2400 Baud AFSK (2 variants)
        4800 Baud HAPN
        9600 Baud FSK (G3RUH)
    POCSAG
         512 Baud
        1200 Baud
        2400 Baud
    Miscellaneous
        DTMF
        ZVEI
        SCOPE

An arbitrary set of the above modes may run concurrently on the same input
signal (provided the CPU power is sufficient), so you do not have to know
in advance which mode is used. Note however that some modes might require
modifications to the radio (especially the 9600 baud FSK and the POCSAG
modes) to work properly.

AX.25 - Amateur Packet Radio protocol datagram format
POCSAG- (Post Office Code Standards Advisory Group) is a  common  paging transmission format.
DTMF  - Dual Tone Multi Frequency. Commonly used in in-band telephone dialing.
ZVEI  - The German Electrical and Electronic Manufacturer's Association paging tone format.
SCOPE - show  samples  in  a rudimentary oscilloscope display on an X server.

Fox-1C/1D information2016年07月22日 20時36分

Launch Date: 18:20 UTC, 1 Oct 2016
Lauch Site: Vandenberg SLC-4E
Locket: Falcon-9 v1.2

http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr888.htm
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/falcon12.htm

Qt re-installing2016年07月21日 19時26分



Qtの再インストールを試みた。次の手順で、Qtインストールの GUI画面はポップ
アップした。Qtアカウントの Create をリクエストしたが、返信メールが来ない
ので、それ以上進むことができない。
(※パスワードに大文字・小文字・記号・数字を入れろという注意を見落として
  いて、その通りにしたら受け付けられた。しかし最後に、Qtのインストール
  に必要な容量が全く足りないという表示でインストールは中段してしまった.)

Download [qt-unified-linux-x86-2.0.3-online.run] from a mirror site.
[Ctrl+ALT+T] key -> Terminal
$ cd Downloads
~/Downloads$ sudo -s
~/Downloads# chmod +x qt-unified-linux-x86-2.0.3-online.run
~/Downloads# ./qt-unified-linux-x86-2.0.3-online.run

Frow Graph2016年07月19日 07時12分

Examplesフォルダの中にいくつかの grcファイルが格納されているのを発見した。
GNU-RADIO からその内の一つを選び実行しようとすると、GNU の最下段にエラー
メッセージが表示がされポップアップウィンドウが開かない。何が足りないのか?

> frontend_rx_rtl.grc
> RuntimeError: can't open file
> >>>Done

LilacSat Telemetry Decoder2016年07月18日 19時29分



例によって以下の、「git_repository の取得 -> build -> make -> install」 の
手順を踏んだところ、GNU-Radio に 「LilacSat」 の項目が自動的に作成されてい
ました。以前 インストールした RTL-SDR も、「Sources」 の項目の中にありまし
た。また、LilacSat_HP には、「Source Code and GRC flowchart」 が紹介されて
いて、中を覗くとたくさんファイルがあって何を持ってくればよいのかよくわか
りません。しかし、ここまで来ると、あともう一歩という感じです。

Install gr-lilacsat
http://lilacsat.hit.edu.cn/?page_id=257
http://lilacsat.hit.edu.cn/wp-content/uploads/2015/09/LilacSat-2_Live_CD_User_Manual.pdf
http://www.dropbox.com/s/kpuj958wr8s00t8/LilacSat-2_Live_CD_User_Manual_en.pdf?dl=0
http://github.com/bg2bhc/gr-lilacsat
$ git clone https://github.com/bg2bhc/gr-lilacsat.git
$ cd gr-lilacsat
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake ../
$ make
$ sudo make install
$ sudo ldconfig

UWE-3 using LINUX2016年07月18日 08時41分

MCubed-2 using LINUX2016年07月17日 22時37分



LINUX 経由で初めて MCubed-2 の 9k6信号を捉えました。LINUXを試みて一ヶ月。
感無量です。しかし、LINUX における解読デコーダーの環境がまだ整っていない
ので信号を受信するだけで精一杯です。LilacSat-2 や AAUSAT-4 のように 初め
から LINUX を考慮した衛星ならば 解読デコーダーが用意されていますが、他の
一般の衛星ではまだそこまで環境が整備されていません。とにもかくにも衛星の
信号を LINUX で捉えたことに意味があると思います。 GNU-Radio でブロックを
組めば解読も可能かもしれません。今回使用したソフトは、画像変換も含めて…
<LINUX + Ubuntu16.04 + Gqrx2.5.3 + Rassam_paint + gFTP2.0.19> です。