FIRST-MOVE CW beacon2014年10月31日 20時55分

久しぶりに、ドイツ・ミュンヘン工科大学の衛星 FIRST-MOVE を聞いてみました。
TLE は、NORADサイトからは消えてしまっていますが、SpaceTrack では見つける
ことができます。正確に 1分ごとに、MOVE1 というビーコンのみ送信しています。

4M-TLE Update2014年10月31日 19時31分

4M-LXS管制局HPの BLOGページに記載されています。他の RECEIVING 4Mページ等
ではまだ変更されずに、以前のTLEのままとなっています。JE1CVL局Blog に書か
れているように これでもまだ誤差を含むようですが、当面このTLEを使うとよい
と思います。4M-LXS の信号を受信できるのは、あと数日です。

4M-TLE Update
1 99999U 14999b   14301.79728009  .00000095  00000-0  21252+9 0 00005
2 99999 054.2430 068.8530 4827223 051.3941 131.1729 00.05703448000012

Re: Greetings from 4M-LXS2014年10月31日 05時57分

Information by DK3WN,



I am very happy to see my callsign.
Thank you very much to tell me the signal from 4M-LXS.

http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr847.htm#bottom
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/moonmemo.htm#bottom

NASA Antares Rocket Launch Failure2014年10月30日 18時26分

各所で報道されている Antares Rocket 打ち上げ失敗のショッキングな映像です。
その原因は、旧式の一段目エンジンの不調と推測されています。(Asahi Digital)



http://www.youtube.com/watch?v=aL5eddt-iAo
http://www.spaceflight101.com/cygnus-orb-3-mission-updates.html
http://www.asahi.com/articles/ASGBZ4TGYGBZUHBI01D.html?iref=comtop_6_02

4M-LXS decoding test2014年10月29日 19時07分

WSJT decode LX0OHB-4M2014年10月28日 21時44分

4M-LXSは、今頃は月の裏側にいる頃かと思いますが、38万km先の月をかすめてい
る最中の信号を外国局が受信デコードし、それを私信メールで送ってくれました。
衛星からの信号を実際に受信しているJA各局より前に、自局コールサインを 4M-
LXS が送信していたようです。以前、管制局HPに書き込みした順に送信している
ということです。明日は 4M-LXS が地球に戻ってきます。受信頑張ります。Tnx.

Subject: wsjt decode LX0OHB-4M
From: g8fjg
To: je9pel
Date: Tue, 28 Oct 2014 12:07:45 +0000

hi,
received this from LX0OHB-4M today 
9ele lfa home made lna
JO01CM 
115308  0  -29  0.3  307  7 *                                     
115408  1  -28  0.3  307  3 *                                     
115508  0  -32  0.2  307 17 *                                     
115608  5  -23  0.3  307  3 *      I AM JE9PEL.             1   0 
115708  3  -27  0.3  307  3 *                                     
115808  1  -26  0.3  307  3 *                                     
115908  0  -28  0.3  307  3 *                                     
120008  5  -24  0.3  307  3 *      R4B8L3VU4N               1   0 
120108  0  -33 -1.9  291 29                                       
120208  0  -32  7.7  307 35 #                                     
120308  6  -24  0.3  304  3 *                                     
120408  5  -21  0.3  304  3 *      HUMBATAETERAE            1   0 
120508  2  -26  0.3  304  3 *                                     

http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr847.htm
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/moonmemo.htm

4M-LXS signal decode2014年10月28日 20時49分

4M-LXS の信号を、WSJT により二通りの方法で受信してみました。一つは管制局
のHPにあるサンプル LX2RG5.wav を、JE1CVL局の助言を元に Windows_Vista機に
よりデコードしている図(1)と、二つ目は JA0CAW局Blogに掲載されている実際に
4M-LXS を受信した 4m1024.mp3 を、Windows_XP機によりデコードしている図(2)
です。Vista と XP では、WSJTの起動画面表示が少し異なっています。(赤字部)
サウンドカードの違いかもしれません。 JT65B受信は、分秒正零に再生を開始し
ます。他の受信のコツは図の中に示しました。 自局も何とか実際の 4M-LXS信号
をデコードする目処が立ちました。

(1) WSJT_10.0r4336a + LX2RG5.wav + WMP10 on Windows_Vista
(2) WSJT_10.0r4336a + 4m1024.mp3 + QTP7  on Windows_XP

  

http://moon.luxspace.lu/receiving-4m/
http://cloud.luxspace.lu/public.php?service=files&t=33c4a21c09ba3736a55fc09896e463f6
http://ja0caw-je0mzi.mo-blog.jp/syumi/2014/10/4m-wavsatellite.html
http://heiseiturezuregusa.blog.ocn.ne.jp/a/2014/10/107_be07.html

4M-LXS telemetry data by DK3WN2014年10月27日 20時57分

4M - 332.000km and still some decodings, 26 Oct 2014
http://www.dk3wn.info/p/?p=51393

4M telemetry data, 27 Oct 2014
http://www.dk3wn.info/p/?p=51403

うーむ、すごい。

4M-LXS luner flyby2014年10月26日 22時38分

10月28日、月に最接近。 予定では 12:00UTC に月面フライバイ。この時、
地球からの距離 38万km。 本日現在の 4M は、地球から約32万km の距離。
こんなに離れていたのか…

FO-29 status2014年10月26日 09時05分

Q1) In case of FO-29 (JAS-2):
    Does 145.900-146.000 mean that the uplink frequency is centered
    on 145.95 MHz and has a bandwidth of 100 kHz ?  Or does it mean
    that any uplink frequency between 145.9 to 146.0 MHz will work?

A1) Uplink: 145.900-146.000 mean that any uplink frequency between
    145.900 to 146.000 MHz. 
    And Downlink: 435.900-435.800 mean that 435.900 to 435.800 MHz.
    This is the characteristic of the equipment called Transponder.

    Why the increase or decrease in frequency is reversed, it's so
    
        Uplink + Downlink = Constant

    In case of FO-29: Uplink + Downlink = 581.800

    Namely, in SSB mode (Up: LSB, Down: USB),

        Uplink      Downlink
        145.900 --- 435.900
        145.901 --- 435.899
        145.902 --- 435.898
           :           :
        145.950 --- 435.850
           :           :
        145.998 --- 435.802
        145.999 --- 435.801
        146.000 --- 435.800

    We call this rule with "Linear Inverting Heterodyne Transponder".

Q2) In case of FO-29 (JAS-2): Uplink 145.85/87/89/91
    Does this mean that the satellite accepts uplink on 145.85
    AND 145.87, 145.89, 145.91 MHz?

A2) Yes, FO-29 had these four channel. If we uplinklink to FO-29
    in any four channel, it was downlink to 435.910 MHz.

    Unfortunately, this digital mode of FO-29 has become the state
    of inactive. It's currently active as SSB and CW mode.