Direwolf 解決2016年12月08日 01時56分

Direwolf の白黒ミックスの見難い件が、-t 0 で解決しました。

> $ direwolf -r 48000 -B 1200 -t 0 udp:7355

で解決です。(Tnx. JH4XSY/1)  ちなみに、 -t 1 では駄目でした。

ところで、この実験をしている最中に、こんな夜中になってしまいました。
理由は別件で、日本語入力(Mozc)ができなくなってしまい、あぁでもない
こうでもないと実験しているうちに夜中になってしまったのです。こうな
ると、また1から Ubuntu のインストールのし直しです。簡単に復旧する
方法はないものだろうか?

※コメント入力の回答は全角で、エンゼルフィッシュ! です。

items.htm2016年12月07日 23時53分

項目索引のページ items.htm が、やっと G の文字まで入った。

TigriSat via LINUX2016年12月06日 22時12分

LINUX Ubuntu16.10 + GQRX2.5.3 + Direwolf1.3
21:50-22:03JST, 6 Dec 2016, Ele 72 N-Z-S, 435.000MHz 9600bps FSK

このシステムで初めて TigriSat 9k6 を受信デコードした。Ubuntu16.10 にして
から、Direwolf の受信画面が白黒ミックスに表示されてしまって見難い。また、
たいがいの 9k6衛星のデコードが、「Unknown message type 3」 と表示される。

HORYU-4 receiving via LINUX2016年12月05日 21時55分

HORYU-4 received 2.4GHz using LINUX
20:45-20:56JST, 5 Dec 2016, Ele 20 W-S-SE, 2400.300MHz 100kbps BPSK

今夜のパス(5 Dec.2016) で、HORYU-4 2.4GHz を LINUX + Ubuntu1610 を使って
初めて受信をすることができました。全部で10枚のスクリーンショットを撮りま
した。そのうちの 5枚を紹介します。GQRXフトには設定箇所に Input controls,
Receiver Options, FFT Settings  の三つがありますが、備忘録という意味も含
め、この 5枚のショットにそれぞれ収めています。

今回、気が付いたことは、パスの最初に管制局が SーBand の発信コマンドを送信
する時には 2400.300MHz で信号を送り、それから 100kHz幅の BPSK送信が 自動
的に始まり、パスの終わりにも同様に 2400.300MHzで送信終了の信号を送ってい
ることです。それは、図の 1枚目と 5枚目を見るとわかります。

今回は、2400.300MHz をコンバーターで変換した 144.300MHz で受信しています。
GQRX_FFT画面では、中心部のノイズを避けるという理由で、Receiver Oputions 
を 60kHzに設定(中心をずらして表示)して、Hardware frequency(中心周波数)を
144.240MHz に設定しています。GQRXソフトでは、wavファイルで録音することも
できます。今回も一部、録音をしました。

    

DTUsat-2 2.4GHz today2016年12月04日 22時00分

今朝の録音.wavを再生したところ受信できていた。耳では全く聞こえない。

HORYU-4 2.4GHz today2016年12月04日 21時38分

19:05-19:17JST, 4 Dec 2016, Ele 45 W-S-SE, 2400.300MHz BPSK
http://www.dropbox.com/s/2q4r8ehqcnapxa1/61204hr4.wav?dl=0

Tancredo-1 will be sent to ISS2016年12月04日 18時38分


Engineering Model of Tubesat Tancredo-1 under test at INPE
(C)BRAZILIAN SPACE

Tancredo-1 sera enviado para a ISS

The Tancredo-1 satellite, a small TubeSat built by middle school students
in Brazil, is scheduled to be sent to the International Space Station on
December 9, 2016. The satellite will be sent to the ISS inside the TuPOD
TubeSat deployer onboard JAXA’s KOUNOTORI6 cargo ship (HTV-6 mission).
The TuPOD is expected to be ejected into space by the J-SSOD satellite
deployer on December 19th and on December 21st, Tancredo-1 is expected
to  be finally ejected from the TuPOD into space. Once in space,
Tancredo-1 will start transmitting telemetry data.

Tancredo-1
437.200MHz 1200bps AFSK AX.25
INPE (Instituto Nacional de Pesquisas Espaciais, ブラジル国立宇宙研究所)
The elementary school "Presidente Tancredo de Almeida Neves", Brazil
with HTV-6 / EDT, EGG, TuPOD, UBAKUSAT, AOBA-VeloxIII,
             STARS-C, FREEDOM, ITF-2, WASEDA-SAT3, OSNSAT

http://amsat-br.org/
http://goo.gl/qOK6qM
http://www.ubatubasat.com/en/
http://brazilianspace.blogspot.com.br/search?q=tancredo-1
http://amsat-uk.org/2016/12/02/school-tancredo-1-tubesat/
http://www.amsatuk.me.uk/iaru/finished_detail.php?serialnum=419
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/htv6nano.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr930.htm

First-MOVE clear CW2016年12月04日 08時44分

UWE-3 9k6 beacon2016年12月03日 08時41分

Launch in May 20172016年12月03日 07時45分

IITMSAT, Max Valier, Venta-1 の打ち上げは、来年(2017年)5月まで
延期されました。

Launch: Resourcesat-2A
Launch vehicle: PSLV-XL C36
Launch date: 04:54 UTC, 7 Dec 2016
Launch site: Satish Dhawan Space Center, Sriharikota, India

A collection of smaller secondary payloads from India, Italy
and Latvia are also aboard the launch with Resourcesat-2A.
But the launch of IITMSAT, Max Valier, Venta-1 were postponed.

First satellite of Latvia 'Venta-1' is a project by Ventspils Augstskola
(Ventspils University College) and few days ago it was asked on their
official page when it would be launched. Their reply suggests orbital
parameters for PSLV C36 orbit are not suitable for them and next opportunity
for them would likely be in May 2017.

http://www.isro.gov.in/launcher/pslv-c36-resourcesat-2a
http://forum.nasaspaceflight.com/index.php?topic=40779.msg1563151#msg1563151
http://www.reddit.com/r/ISRO/comments/5fdlg9/it_appears_venta1_satellite_from_latvia_is_not_on/