LAPAN-A2/ORARI launch2015年09月01日 21時11分




http://www.youtube.com/watch?v=IzSCZT1EmI4

インドネシア衛星LAPAN-ORARI は、本来 LAPAN-A2 の後継機の LAPAN-A3 という
位置付けでしたが、AMSAT-UK等の広報では、同一の LAPAN-A2/ORARI として紹介
されています。2015年9月28日に、PSLV-C30ロケットで打ち上げられる予定です。

LAPAN-A2/ORARI
Indonesian National Institute of Aeronautics and Space
Lembaga Penerbangan dan Antariksa Nasional - LAPAN
437.425 MHz telemetry beacon
435.880 MHz FM uplink
145.880 MHz FM downlink
145.825 APRS digipeater

http://orari.web.id/wp/
http://www.aprsaf.org/data/aprsaf16_data/D3-1130_AP16_CR_LAPAN.pdf

ITASAT-1 test beacon2015年08月31日 21時15分


http://www.youtube.com/watch?v=2Ju216UVcdI

ブラジル衛星 ITASAT-1 のテストビーコンを、JA0CAW局と同様な方法でデコード
してみました。Soundmodem + AgwOnlineKiss を、Windows英語バージョンで動作
させています。ITASAT-1衛星は、Falcon 9 v1.1 ロケットにより、フロリダ州の
Cape Canaveral Air Force Station から 2015年度中の打上げを目指しています。

ITASAT-1
Technological Institute of Aeronautics - ITA, Brazilian 6U Cubesat
145.860MHz and 2400.150MHz 1200bps BPSK

ITASAT-1 Home Page
First Beacon transmissions using ITASAT-1
BR-AERO_paper_final_version_JonasGentina.pdf

Delfi-C3 telemetry2015年08月30日 09時59分

09:40-09:52JST, 30 Aug 2015, Ele 66 N-W-WS, 145.867MHz 1200bps BPSK
パケット 2個をデコードしましたが、RASCAL の中身が空でした。

How to register Duchifat-12015年08月29日 19時42分



イスラエル衛星 Duchifat-1 のサーバーに登録する方法を、JE1CVL局が紹介して
います。まったく同じ方法で Symbol Table ID と Symbol Code を入手し、最後
に APRS compressed packet を得られることが確認できましたが、少々手こずる
ところがあったので、ここに改めて述べます。

  1. Duchifat-1 HP, http://www.h-space-lab.org/php/index-en.php
  2. 上段 Registration をクリック。
  3. FirstName, LastName, CallSign, eMail の4箇所に入力して、その下の
     get codeボタンをクリック。
  4. 直後に、Verify の入力欄が現れる。ここでモタモタしないで、メールを
     すぐに受信しにいく。 3. の入力直後に管制局からメールが来ている。
  5. Code Verification という題名のメールに 32桁のコード番号が書かれて
     いるので、それをコピーして 4. の Verify欄にペーストして、その下の
     submitボタンをクリックする。
  6. 画面にめでたく、Congratulations! Symbol Table ID , Symbol Code が
     一文字づつ表示されるので、それを忘れないように控えておく。2通目の
     確認メールが来ている。
  7. 続けて、HP の上段 APRS Encoder をクリック。
  8. Callsign, Latitude(緯度), Longitude(経度) を入力し、その下の send
     ボタンを押すと、すぐに 14桁の APRS compressed packet が表示される。
     1桁目は !(ビックリマーク)、14桁目は _(アンダーバー) である。2桁目
     は Symbol Table ID, 11桁目は Symbol Code になっているはずである。
     3通目の確認メールが来ている。
  9. 下記の周波数で、この 14桁を衛星に送れば良いようであるが、JE1CVL局
     と同様に詳細はよくわからない。実験あるのみ。

Duchifat-1
Herzliya Science Center, Israel
Uplink 435.220MHz, Downlink 145.825/145.980MHz 1200bps AFSK,BPSK,CW
DUCHIFAT1 uses 1200bd AFSK uplink on 435.220MHz (UHF), and 1200bd BPSK
downlink on 145.980MHz (VHF).

Doppler shift is up to about +/-10KHz in UHF, and +/-3.3KHz in VHF and
slight thermal frequency deviations is possible, below 1KHz. User tran_
smit mode is usually FM for transmitting the 1200 baud AFSK audio from
TinyTrak4 to the satellite. User receive mode is USB for the ability to
decode the 1200 BPSK telemetry. DUCHIFAT1 sends BPSK modulated telemetry
every 20 seconds, with relatively long quiet pause between transmissions.
It also sends a Morse code beacon every 1 minute saying "hi de duchifat".

  a) Send your packets during the quiet pauses and listen to the
     satellite's downlink.  If the satellite receives your packet
     you will hear an immediate very short transmission of your 
     packet being retransmitted by the satellite.
 
  b) Stop sending additional packets immediately after hearing
     your packet retransmitted by the satellite, and let other
     HAM operators try.
 
  c) Do not transmit to DUCHIFAT1 when it is below 50degrees in
     this operating scenario.
 
  d) Use a high packets sending rate of up to every 7 seconds but
     please BE FAIR to the other users, and STOP SENDING packets
     immediately after you hear the satellite retransmits your
     packet for the first time.

http://www.h-space-lab.org/php/index-en.php
http://www.h-space-lab.org/download/Duchifat1%20Terms%20Of%20Use.pdf
http://www.h-space-lab.org/download/walk%20through.pdf
http://www.h-space-lab.org/download/APRS%20generator%20manual.pdf
http://www.h-space-lab.org/download/Configuring%20TinyTrak4.pdf
http://blog.goo.ne.jp/je1cvl/d/20150828

DTUSat 2.4GHz 受信実験開始2015年08月29日 18時20分

ようやく機器の設置が済んだので、DTUSat 2.4GHz の受信実験を開始しました。
SDR# では、どうにもノイズの嵐が解消できないので、方針を変更して 無線機か
ら直接、信号をサウンドカード→Spectrogram16 という流れで、リアルタイムの
受信を試みました。 Orbitron DDE よる周波数表示を見ながら無線機のつまみを
手動で合わせ信号を耳で探しましたが、結果は痕跡すら見当たりませんでした。

UO-11, AO-16, AO-40 の2.4GHz受信の時は、キャリア信号が連続的に聞こえてい
たので信号を見つけやすく、また Drake水晶もその結果でさらに調整をすること
ができましたが、今回の DTUSat-2 のように30秒ごとの送信では、事前に水晶の
調整を済ませておいてから、信号をピンポイントで探さないと的確に受信するこ
とができないのではないかと思いました。これは難儀な衛星という感想です。

SEED-II CW2015年08月28日 20時36分

本日の 20:21JST- からのパスでは SSTV は流れませんでした。
管制局(学生さん)の課業時間外では、CW のみとなるようです。

DX-1 telemetry2015年08月27日 21時25分

21:05-21-17JST, 27 Aug 2015, Ele 30 SE-E-N, 438.226MHz 9600bps GFSK
正確に 30秒ごとに送信しています。

1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [21:11:28R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [21:11:58R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [21:12:28R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [21:12:58R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [21:13:28R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [21:13:58R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [21:14:28R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [21:14:58R]

FIREBIRD FU3 19k2 telemetry2015年08月26日 20時11分

19:45-19:55JST, 26 Aug 2015, Ele 68 SE-E-N, 437.397MHz 19200bps FSK
本日は FIREBIRD-3 一兎を追い、一個だけデコードできた。

FIREBIRD FU3/FU4 19k22015年08月25日 20時04分

今夜の FIREBIRD は共に高仰角。しかし、二兎を追う者は一兎をも得ず。

DX-1 9k6 signal2015年08月24日 11時06分

これも久しぶりの受信デコード。30秒ごとに送信しています。

10:49-11:02JST, 24 Aug 2015, Ele 55 N-W-WS, 435.226MHz 9600bps GFSK
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [10:55:11R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [10:55:41R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [10:56:11R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [10:56:41R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [10:57:11R]
1:Fm Dauria To DSC001 <UI R Pid=F0 Len=255> [10:57:41R]