Perseus-M1 telemetry2015年04月01日 22時47分

22:32-22:45JST, 1 Apr 2015, Ele 62 NE-E-S, 400.170MHz GFSK
1:Fm CQ To NOCALL <UI R Pid=F0 Len=179> [22:38:41R]
FM1,04/01/2015 13:43:27,:fcs:1457,11,18,112,:eps:7.98,7.98,8.04,8.00,8,8,9,8,24,17,100001110000000001011000,7.5,7.5,7.3,7.3,-32,-33,-3,-26,-26,-32,-18,

UWE-3 server2015年03月31日 21時08分

20:50-21:02JST, 31 Mar 2015, Ele 79 S-Z-N, 436.395MHz 9600bps GMSK

CO-66(SEEDS-II) CW2015年03月31日 07時47分

07:32-07:42JST, 31 Mar 2015, Ele 15 NE-E-ES, 437.485MHz CW

Triton-1 CW2015年03月30日 20時57分

20:26-20:38JST, 30 Mar 2015, Ele 81 S-Z-N, 145.819MHz CW
CWのみの送信で、1分半 - 30秒 - 1分半 - 30秒 - 1分半 - 30秒 - 1分半 ・・・・
という変則的な送信間隔でした。

CO-65 (CUTE1.7+APDII) CW2015年03月29日 08時53分

08:12-08:25JST, 29 Mar 2015, Ele 53 NE-E-S, 437.275MHz CW
Orbitronで周波数を自動的に追尾しているので、SDR#上段のスペクトル窓の中の
赤縦線は左へ左へと流れていき、中段の FFT画面のCW線は自然と左側に傾いてい
きます。上図の下部に Spectrogram画像を合成しましたが、これを見ると CW は
ほぼ完全に水平で、Orbitron が周波数を正確に追尾していることがわかります。

Perseus-M1 9k62015年03月28日 23時25分

23:08-23:20JST, 28 Nov 2015, Ele 47 N-W-WS, 400.170MHz 9600bps GFSK

FIREBIRD-II FU4 19k22015年03月28日 18時04分

17:36-17:49JST, 28 Mar 2015, Ele 60 SE-E-N, 437.219MHz 19200bps FSK

First-MOVE CW2015年03月28日 16時59分

09:38-09:51JST, 28 Mar 2015, Ele 82 N-Z-S, 145.970MHz CW