WiSP hints for uploading with HW_VSP32017年10月20日 21時03分

Hard TNC による WiSP uploading については、My_HP No.660 を参照ください。
自局では Hard TNC を使わず、Soft TNC で WiSP の運用が Windows 10 (64bit)
上で実現できています。仮想バーチャル COMポートを設定しているところが肝要
な点で、次の手順でそれぞれのソフトを起動します。(設定の詳細は、次を参照)

 HS_SoundModem Ver0.19 → HW_VSP3 → WiSP3215  (My_HP No.968, 969, 970)

次の段階として、WiSP(GSC) でメッセージを作成して、衛星にアップロードする
手順をここに解説します。まず、メッセージファイルが、以下の画像のように次
の手順で正しく WiSP(GSC) で作成されているという前提でその先を述べます。

 GSC - Programs - Message Maker - Message Data
           - Edit - メモ帳 - ファイル - 上書き保存 - Send

 


MSPE によるアップロード要求が衛星に届くと、自動的に Upload Status の画面
がポップアップし、最初は全ての項目の値が 0 になっています。 これは正常な
状態で、まだ衛星との信号が一方通行の状態(地上局⇒衛星)なだけです。衛星と
の通信が両面交互通行(地上局⇔衛星)になれば、このポップアップ画面最下段の
"Approx.time remaining" の欄に棒グラフが右に伸びていきます。 1回のパスで
満タン状態(アップロード完了)になるのは稀です。そのためにも、アップロード
ファイルは最小サイズにすべきです。

  

 例えば、 Hello,
      de JE9PEL from Japan.

この 2行だけでも、何度もリトライを繰り返します。気長に数回のパスでアップ
をチャレンジします。 途中までアップロードできたファイルサイズは、WiSP と
衛星の両方に記憶されていますので、数回のパスで、小分けしてアップロードを
繰り返し積み上げていく概念です。 WiSP では、次のようにして大まかなアップ
ロードの状態を確認することができます。

 GSC - Housekeeping - View Upload Status - Satellite

Filename の欄に、WiSP と衛星の両者に認知されたファイル名が表示されます。
次の画像の例では、10F2.PUL となっていますが、これは 一部アップロード中と
いう意味です。まだ少しもアップロードされていないファイルでは、ファイルの
拡張子が OUT のままです。アップロードが完了すると拡張子は UL となります。

 


つまり、ファイルの拡張子は OUT → PUL → UL です。これは自動的に変化して
いきます。拡張子が UL になれば ファイルは衛星に認知され、WiSP でもアップ
ロードが完了したことを、次のようにして確認することができます。

 GSC - Programs - View Directory - Select Satellite

実際には、各局のアップロードメッセージが納められている衛星内の Directory
の一覧を、衛星からダウンロードするのにも一苦労します。 この Directory は
MSPE が自動的にダウンロード要求をして、これも同じ『繰り返し積み上げ方式』
で数回のパスにおいて自動的に完成を目指していきます。

PTT COM port2017年10月19日 21時06分

Subject: PTT COM port
From: Mineo Wakita
To: Andy UZ7HO
Date: Thu, 19 Oct 2017 19:34:48 +0900

I can now do transmission operation when I check "Dual PTT"
ie, "SoundModem - Settings - Devices - PTT port - Dual PTT".

When do you check "Swap COM pins for PTT" ?


Re: PTT COM port
From: Andy UZ7HO
To: Mineo Wakita
Date: Thu, 19 Oct 2017 14:11:28 +0300

Hi Mineo!

Normally for the port A the RTS pin is used, for port B is DTR pin.
The "Swap COM pins" option swaps these pins.

注  RTS: Request To Send, 送信要求
    DTR: Data Terminal Ready, データ端末レディ

CAS-4A/4B Transponder ON2017年10月19日 13時54分

                             Up       Down                                4k8GMSK  CW       CallSign
CAS-4A (ZHUHAI-1 01)  42761  435.220  145.870  SSB linear transponder ON, 145.835  145.855  BJ1SK
CAS-4B (ZHUHAI-1 02)  42759  435.280  145.925  SSB linear transponder ON, 145.890  145.910  BJ1SL

Perseus ?2017年10月18日 23時04分

最近、どうも聞こえない。

FIREBIRD-3 19k2 FSK2017年10月17日 20時12分

10:20-10:32 UTC, 17 Oct 2017, Ele 63 deg, 437.396MHz 19200bps FSK
昨日の FIREBIRD-4 に引き続き、本日は FIREBIRD-3 を受信してみました。
19k2 の受信フィルターを32kHz にしています。9k6衛星ではフィルターを
16kHz にすると良いということです。
http://dl.dropbox.com/s/cc63wxsua6mkbwo/71017fb3.wav

Re^2: "WiSP SoundModem and HW_VSP3" uploading2017年10月17日 06時04分

 リアルタイムで MSPE送信動作に入ったことを確認。

FIREBIRD-4 19k2 FSK2017年10月16日 20時11分

10:21-10:27 UTC, 16 Oct 2017, Ele 67 deg, 437.219MHz 19200bps FSK
自局環境では、めったにデコードできない難儀な衛星の一つです。
http://dl.dropbox.com/s/8t3s2kbtu5pcbcb/71016fb4.wav

Microphone mute2017年10月16日 06時57分

準備万端、朝4時半に起きて 4:36JST と 6:16JST のパスで受信を構えていたが、
信号が PC に入ってこない。慌てていろいろな箇所を確認すると、PCマイク設定
がミュートになっていた。(プロパティ→レベル→ミュート)  自分ではそういう
設定をしたはずはないが、自動的にミュートになっていた。せっかく早起きした
のに・・・・・ まぁ、いろいろとトラブルが続くことよ。今は、受信設定は元通り。

VSP3 Uplink System2017年10月15日 20時35分