LINUX USB boot #102019年01月09日 20時41分

前回の記事に削除線を入れたが、言語環境を変更するために何度もアプリ
を入れたりしていたら、boot部分が壊れたのか Ubuntu が起動しなくしな
くなってしまった。やむなく、最初に作っておいた Live_USB(USBメモリ)
から、Ubuntu 18.04 を、PC に再インストールした。LINUX USB は楽だ。
今回はトラブルを避けるため、最初から英語環境にてインストールした。
0~102番 alias までの設定は有効なので、通番103 から記事を再開する。

Japanese(Mozc)は後からインストールした。大概の設定は保存されるが、
サウンドの出力だけは毎回設定するので面倒だ。現在、Windows と LINUX
を共存させているが、時刻設定が毎回 9時間ずれてしまうので、LINUX の
方で、そうならない設定をターミナルから行った。今日は、RTL-SDR 設定
まで再度行った。ターミナルでのコピペは Windows とキー操作が異なり、
Ctrl+Shift+C, Ctrl+Shift+V で行う。この操作もいったん覚えると楽だ。

       

103. Re-installing by Live_USB
104. RTL-SDR re-installing by No_21~51
105. $ sudo hwclock -D --systohk --localtime

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック