GNURadio introduction to Satellites #3-12019年05月06日 06時52分

[演習3-1] 固定中心周波数を変動化して表示する

Variable -> ID: center_freq, Value: center_freq_val
QT GUI Range -> ID: center_freq_val, Lavel: center_freq
                Type: Float, Default Value: 144.660e6
                Start: 144e6, Stop: 146e6, Step: 100
RTL-SDR Source -> Sample Rate: samp_rate
                  Frequency: int(center_freq)
QT GUI Sink -> Center Frequency: 144.660e6
               Bandwidth: samp_rate
File -> Save As -> Name: sutudy_3_0.grc -> Save

GNURadio introduction to Satellites #4-12019年05月06日 08時02分

[演習4-1] SDR受信波をファイルに保存するために 'File Sink' を追加する

File Sink -> ID: iq_data.wav
File -> Save As -> Name: sutudy_4_0.grc -> Save
実行すると、Homeフォルダに wavファイルが保存される。

GNURadio introduction to Satellites #4-22019年05月06日 08時32分

[演習4-2] 保存した IQファイルを読み込む

File Source -> File: iq_data.wav, Repeat: No
QT GUI Sink: Center Frequency: 144.660e6
             Bandwidth: samp_rate

GNURadio introduction to Satellites #4-32019年05月06日 08時58分

[演習4-3] 処理時間を実時間に同期させる

Throttle -> Sample Rate: 2084000
QT GUI Sink -> Bandwidth: 2084000
実行すると、読み込んだ IQファイルが動的に表示される。

GNURadio introduction to Satellites #5-12019年05月06日 10時00分

[演習5-1] LPF を入れて波形を表示する

演習3-1 で作成したフローグラフに、アナログ処理器 LPF(ローパスフィルター)
を付ける。内部的にはデジタル処理している。SDR が扱う信号は複素信号なので
正負両方の成分を持っていて、LPF を挟むことで正負対象の信号の特性が得られ、
目的信号だけを取り出すことができる。

Low Pass Filter -> Cutoff Freq: 640000
                   Transition Width: 120000
File -> Save As -> Name: sutudy_5_0.grc -> Save

JY1Sat IF_Spectrum2019年05月06日 10時15分

USB信号の特性を生かし、4本の角のうち右側の背の高い方のピークが IF画面の
5kラインの上に来るようにチューニングすると、Dashboardに良くデコードする。

DTUsat-2 2.4GHz CW2019年05月06日 10時53分

本日も、10個すべての信号を捉えた。

GNURadio introduction to Satellites #6-12019年05月06日 21時08分

[演習6-1] GMSK9600 を SDR で受信してデコードする

この演習問題は自局理解不足のため後に回し、先に次の演習問題に進む。

GNURadio introduction to Satellites #7-12019年05月06日 21時08分

[演習7-1] APRS1200 受信器を作成する

作成に必要な、'gr-bruninga’および 'gr-ax25'をダウンロードし、次の手順で
ビルド(コンパイル)して、GNURadio に登録する。これを先に済ませないと この
演習7-1の中のブロックは赤字で表示され、study_7_1.grcファイルは動作しない。

$ git clone https://github.com/tkuester/gr-bruninga
$ cd gr-bruninga
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr ..
$ make -j8
$ sudo -s
# make install
# sudo ldconfig
# cd ~/gr-bruninga/grc
# cp *.* /usr/local/share/gnuradio/grc/blocks
# exit
$ git clone https://github.com/dl1ksv/gr-ax25
$ cd gr-ax25
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr ..
$ make
$ sudo -s
# make install
# sudo ldconfig
# cd ~/gr-ax25/grc
# cp *.* /usr/local/share/gnuradio/grc/blocks
# exit
$ cd
$ gnuradio-companion

GNURadio introduction to Satellites #7-22019年05月06日 22時04分

[演習7-2] APRS1200 を SDR で受信してデコードする

演習7-1 で作成したフローグラフを起動し、実際に SDR + GQRX で受信した信号
をデコードして、'afsk_demod.bin' というファイル名で保存した。 目的信号は
'No CRC Error' と表示され、この他にもたくさんの信号がデコードされている。
'Audio Source' がマイク(ステレオミキサー)入力、'Audio Sink' がスピーカー
出力の働きをしている。