JY1Sat new image2019年05月08日 10時09分

まだ受信途中。

DTUsat-2 2.4GHz CW2019年05月08日 11時15分

Re: Exercise #6.12019年05月08日 16時01分

GNURadio introduction to Satellites #6-1

[演習6-1] GMSK9600 を受信してデータ化する

この演習6-1 のフローグラフは、次のようにして出来上がっている。
まず、'QT GUI Range' の Default Value' を、APRS 9600周波数の 144.640 MHz
に変更し、続けて 'Low Pass Filter', 'QT GUI Sink' の設定を変更し、最後に
'GMSK Demod', 'File Sink' を追加した。

Variable -> ID: samp_rate, Value: 2084000
Variable -> ID: center_freq, Value: center_freq_val
QT GUI Range -> Label: center_freq, Default Vallue: 144.640e6
Low Pass Filter -> Decimation -> samp_rate/9600/2, Sample Rate: samp_rate
                   Cutoff Freq: 9600/2, Transition Width: 600
QT GUI Sink -> Center Frequncy: 144.640e6, Bandwidth: 9600*2
GMSK Demod -> Connect after 'Low Pass Filter'
File Sink -> File: GMSK_demod.hex, Input Type: Byte

演習6-1 のフローグラフを実行すると、Homeフォルダに 'GMSK_demod.hex' とし
て自動的に生成される。Terminal を起動して、'$ hexdump -C GMSK_demod.hex'
を入力して実行すると、保存した 'GMSK_demod.hex' が 16進数でダンプされる。
確認すると、中身が全て Null データだった。これが懸案事項であり、まだ解決
していない。恐らく ブロック内の細かい設定の問題であると思う。なお、LINUX
における 'hexdump' コマンドには、次のようなオプションがある。

  -b ... 1バイトごとに 8進数で表示
  -c ... 1バイトことに アスキー文字で表示
  -d ... 2バイトごとに 10進数で表示
  -o ... 2バイトごとに 8進数で表示
  -C ... 1バイトごとに 16進数で表示し、右側にアスキー文字も表示