GMSK9600 in GNURadio #12019年05月18日 08時03分

[GMSK9600 のフローグラフを改良する]

samp_rate が 96k では動作しなかったので、大胆に 1000000(1M) に設定したら
動作した。音声が聞こえないので様子がわからない。デコードはまだしていない。

Re-entered Satellites2019年05月18日 18時28分

2019-05-04  ==>  BIRD-J    42820
2019-05-07  ==>  CSUNSAT1  42715
2019-05-08  ==>  BIRD-B    42823
2019-05-11  ==>  PHOENIX   42706
2019-05-15  ==>  BIRD-M    42822
2019-05-18  ==>  BIRD-N    42824

残る BIRD-G は、5月30日に大気圏突入と予想。 by DK3WN

GMSK9600 in GNURadio #22019年05月18日 20時35分

'Low Pass Filter' の後ろに、'WX GUI FFT Sink' ブロックを入れたら、上図の
ように新たに "FFT Plot" 画面がポップアップした。かなり見通しが良くなった。
後で Homeフォルダを見ると、指定した gmsk_test.dat, gmsk_log.txt の二つの
ファイルが出来上がっていたが、hexdump コマンドでもエディタで開いても化け
文字の嵐であった。"GNURadio Companion" の左下のメッセージ画面には、

> error: printing layer 2 repeater subfields is not yet implemented
(エラー:レイヤー2レピーター・サブフィールドの印字はまだ実装されていない)

というメッセージも見えていた。まだ無音の状態で、フローグラフは改善の余地
が多々ありそうだ。