JY1Sat image ID14 and ID302019年05月25日 10時08分

2枚の絵が同時に流れていた。そういうわけだったのか。

AFSK1200 in GNURadio #22019年05月25日 15時19分

APRS_AFSK1200信号を、完璧に受信デコードすることができた。その手順を示す。
まず、自局所有の RTL-SDR Sourceブロックに差し替える。続くRotatorブロック
は、オフセットチューニング用の周波数シフトブロックなので、無くてもよいが
一応、Phase Increment=0 に設定した。その代わりに、RTL-SDR Source _ Freq.
Corr.(ppm)=dev_ppm つまり、Variable dev_ppm=65 と、ここで SDR の周波数の
ずれを調整している。そして、Variable freq=144.660e6  と周波数を設定した。
さらに Audio Sink を、FFT Filter の後ろに設置して音声が聞けるようにした。
http://dl.dropbox.com/s/urinewfgk8fp5g6/APRS_RX_RTL_mod.grc



QT GUI によるスペクトラム・リアルタイム表示の様子。



GNURadio 左下メッセージ画面に表示される Message Debug Print と、Terminal
画面にはデコード結果が同時に表示されるが、どちらも間延びしていて読み辛い。



Terminal画面で 'telnet localhost 52001' と入力すると、同時にリアルタイム
で同じ内容が表示されて、通常のように読み易い。これは、Socket PDUブロック
における TCP Server Port=52001 の設定による。デコードにはこちらがお勧め。

LilacSat-2 on GNURadio #12019年05月25日 22時53分

 1. gr-csp  http://github.com/daniestevez/gr-csp
 2. constract 2.9
      http://construct.readthedocs.io/en/latest/
 3. feh 3.1.3  http://feh.finalrewind.org/

 4. gr-lilacsat
    $ git clone https://github.com/bg2bhc/gr-lilacsat
    $ cd gr-lilacsat
    $ mkdir build
    $ cd build
    $ cmake ../
    $ sudo make
    $ sudo make install
    $ sudo ldconfig