LilacSat-2 on GNURadio #32019年05月28日 20時08分

------------------------------------------------------------------------
Importブロック: from grc_param import* の赤字を解消して、黒字にできた!
------------------------------------------------------------------------

http://dl.dropbox.com/s/kpuj958wr8s00t8/LilacSat-2_Live_CD_User_Manual_en.pdf
は、管制局謹製中国語の解説書を、自局 JE9PEL/1 が英語に編集し直したもので
あるが、これを熟読して、LilacsSat-2 Demodurator は先に lilacsat_proxy.py
を設定する必要があることがわかった。そうして、赤字→黒字になるのである。

> $ cd ~/gr-lilacsat/examples/LilacSat-2/proxy_publish
> $ sudo chmod 777 setup.sh
> $ sudo ./setup.sh
> $ python lilacsat_proxy.py

先に lilacsat_proxy.py を python により起動して、左下の 'Start Proxy' を
押してから frontend_rx_rtl.grc、および、4k8/9k6用の二つの grc を起動する
と、下図のようにそれぞれ正常に立ち上がる。しかし、Proxy_ Server URL が、
デフォルトの 'data.lilacsat.online'、あるいは 'lilacsat.hit.edu.cn' と書
き換えても、Server にはつながらない。もはや、Server は機能していないよう
である。苦労してここまで来たが、この管制局Server が切れている以上、LINUX
における LilacSat-2 実験は、ここまでである。