JY1Sat image ID142019年05月24日 10時11分

JY1Sat image ID302019年05月24日 20時44分

次の ID30 に移ってしまった。

AFSK1200 in GNURadio #12019年05月24日 21時18分

[AFSK1200 のフローグラフを改良する]

CQ ham radio No.876 (Jun 2019) P.120-125 を参考に、これをさらに改良する。
http://github.com/handiko/gr-APRS

まず、HierBlock内の AFSK_Demod.grc および APRS_Rx.grc を開き、実行する。
これで、GNURadio の項目に、APRS モジュール が追加される。



Misc内の Python Block モジュールをワークスペースにドラッグし、Properties
'Open in Editor' をクリックして、gr-APRS/gr-APRS-master/Module/epb.py の
全てのコードをコピペして保存する。



HierBlock内の AFSK_Demod.grc, APRS_Rx.grc のフローグラフを再確認する。



次に、AFSK_Demod, APRS_Rx を含む APRS_WAV.grc を起動し、Wav File Source
に サンプルwav のパスを正しく指定して、wav をデコードできるか実験する。
http://dl.dropbox.com/s/bfprip2bh7n9lwx/APRS_WAV_mod.grc


 

Terminal で、'telnet localhost 52001' とすると、次図のように サンプルwav
が綺麗に全てデコードした。