Soundmodem setting on LINUX2019年02月11日 15時41分

LINUX_Ubuntu上で、Soundmodem を動作させる方法を何度か記述している。今回、
ESEO衛星用の HS_soundmodem_eseo を例に、LINUX上で動作させる方法を 改めて
解説する。なお事前に、Wineソフトおよび PulseAudio はインストールしておく。

 1. ~/.wine/drive_c/ フォルダ以下に、eseoフォルダを作成する。
 2. home/eseoフォルダ内の hs_soundmodem.exe と rseseo.dll を、
 3. 作成した eseoフォルダ内にコピーする。
 4. $ gedit ~/.bashrc として、bashrc をエディタで開く。
 5. 図中⑤ように、alias構文の設定をする。
 6. PC再起動後、図中⑥のように Terminal から入力すると、
 7. HS_soundmodem_eseo が簡単に起動する。
 8. LINUX -> Settings -> Sound で、Output Input設定をする。
 9. PulseAudio -> VolumeControlで、Playback Recording設定をする。 
10. 特に、図中★印の Monitor設定が重要である。この設定で、
11. GQRX で受信した衛星信号が、Soundmodem に流れていく。

   

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック