Tlm_forwarder2 setting on LINUX2019年02月12日 21時06分

AGW_OnlineKiss、および Tlm_forwarder2 も同様に LINUX上で正常に動作させる
ことができ、SatNOGS_DB に受信データを自動的に送信できる。それには、gedit
により、事前に agw_onlinekiss.ini、および online_conf.ini を編集しておき
それぞれ AGW_OnlineKiss、Tlm_forwarder2 と同じフォルダ内に置く必要がある。
次図は、UniSat-6, LituanicaSAT-2 を受信している様子である。

   

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック