Earth-Moon Laglangian Point L22018年07月28日 22時06分


(C)China times

DSLWP-B のメインペイロードである中国の嫦娥4号中継通信衛星 「鵲橋」 の軌道
は、Earth-Moon Laglangian Point L2【地球・月系 ラグランジュ第2点】という
地球と月の平衡点の一つ "E-M L2" を中心に回る、Halo Orbit (ハロー軌道) と
いう特殊な軌道(上図の緑色)に入っています。嫦娥四号は今年末に打ち上げ予定
で、月の裏側に着陸する探査機です。ハロー軌道からは月の裏側が常に見えてい
て、なおかつ地球も常に視界に入っているという絶好の中継位置にあります。

なお、鵲橋(じゃくきょう)とは七夕の日にカササギ(鵲)が天の川にかけるとされ
る橋のことで、織姫と彦星はこの橋をわたって出会うといわれている中国の伝説
からきています。日本でもおなじみの夢のあるお話しです。
http://news.mynavi.jp/article/20180601-639992/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック