Bulgarian CubeSat EnduroSat One on ISS awaiting deployment2018年06月01日 20時01分


《翻訳中》 明日投稿予定

EnduroSat One
Beacon: 437.050MHz CW and 9600 bps GMSK AX.25

http://one.endurosat.com/
http://amsat-uk.org/2018/05/30/bulgaria-endurosat/

※ DSLWP, UHF Test Plan postponed on Jun 3

ブルガリア初キューブサット EnduroSat One2018年06月02日 09時10分

ブルガリア初キューブサット EnduroSat One, ISS上で放出待機
Bulgarian CubeSat EnduroSat One on ISS awaiting deployment
AMSAT-UK, http://amsat-uk.org/2018/05/30/bulgaria-endurosat/

《翻訳》JE9PEL/1

ブルガリア初のキューブサット EnduroSat One は、米国バージニア州中部大西洋
地域宇宙基地から、2018年5月21日に貨物補給用 OA-9ミッションで国際宇宙ステ
ーションに打ち上げられた。5月24日、CygnusカプセルがISSステーションにドッ
キングし、衛星が ISS に搭載された。

衛星は今後数週間で ISS から放出される予定である。

このミッションは、ブルガリアでのアマチュア無線活動の普及を目的とし、ブル
ガリアのアマチュア無線連盟(BFRA, Bulgarian Federation of Radio Amateurs)
と、その他のワークショップや教育活動などの協同を含む。

衛星は、ブルガリアで全て製作された。この最初の教育ミッションは、若いブル
ガリア人を鼓舞し、彼らに実空間プログラムに参加する機会を与えることを目指
している!

Space Challenges と EnduroSatチームは、Bulgarian CubeSatの準備にかなりの
資料、時間、労力を費やした。アマチュア無線コミュニティをサポートするため
衛星は基本的な通信技術と無線機器を持っている人が誰でも受信できる周波数で
発信する。

軌道上にある人工衛星による実践的な演習を通じ、より多くの若いブルガリア人
が衛星通信の基礎を学ぶのを助けることが、この使命に期待されている。

世界中のアマチュア無線家は衛星ビーコンを聞くことができ、衛星からのテレメ
トリデータを定期的に受信することができる。彼らは衛星に接続することができ、
詳細なテレメトリ情報を受信することができる。そして、確立された接続ごとに
QSLカードとなるような衛星からの確認証明を受信することができる。

EnduroSat One
Beacon: 437.050MHz CW and 9600 bps GMSK AX.25

詳細は、EnduroSatサイト, http://one.endurosat.com/
ブルガリア・アマチュア無線連盟 (BFRA), http://bfra.bg/
Google英語サイト翻訳, http://tinyurl.com/BulgariaBFRA

Registry Trouble2018年06月02日 17時00分

本日午前中、大変な思いをした。PCレジストリをいじるのは自己責任とは言え、
冷や汗ものであった。意図することがあって、C:\Users\...を危険覚悟で一箇所
書き換えたところ、再起動後、Windows が立ち上がらなくなってしまった。正確
に言うと、自分の Windows ではなく、一般ユーザーの Windows として中途半端
な状態で起動してしまうようになった。画面左下の Windowsボタンも反応がなく
右クリックも効かず、シャットダウンもできない。かろうじてデスクトップ上に
一つだけ PCアイコンが生き残っていたので、そこから C:\Windows\System32 の
中から cmd.exe を起動し、regeditコマンドを使って手動で変更した箇所を元に
戻した。その後、まだ一部ソフトによっては不安定なところがあったので、こう
いうことも起こるだろうと事前に作っておいたシステムの復元ポイントでさらに
Windows を以前の状態に戻した。今回は、極めて危険な作業を行ってしまった。

LilacSat-2 (CAS-3H) 4k8 GFSK2018年06月02日 17時44分

DSLWP-B UHF new test plan2018年06月03日 08時05分

日本上空では、残念ながら可視範囲外。

 2 Jun 2018, 22:00-23:40 UTC
(3 Jun 2018, 07:00-08:40 JST)

 3 Jun 2018, 02:30-03:30 UTC
(3 Jun 2018, 11:30-12:30 JST)

250bps GMSK and JT4G for 435.400MHz
250bps GMSK for 436.400MHz

Spectran UNITEC-1 version2018年06月03日 14時03分

Spectran は、(1)通常バージョンのサイト or (2)Weaksignal UNITECバージョン
のサイトいずれかから得られますが、自局が普段使っているのは (2)UNITECバー
ジョンの方のソフトです。(2)UNITECバージョンの方が、ソフトの外見の色が渋く
自局好みです。(2)UNITECバージョンは、深宇宙衛星に対応しているだけあって、
Version 2 よりも感度が良いように感じます。rarファイルは、今や、Windows10
では特別なソフトを用意する必要もなく右クリックで簡単に解凍することができ
ます。

(1)Spectran version 2, build 216
http://digilander.libero.it/i2phd/spectran.html


(2)Spectran special version for UNITEC-1
http://www.sdradio.eu/weaksignals/spectran.html

DTUsat-2 2.4GHz CW2018年06月03日 16時26分

DTUsat-2 2.4GHz using Spectran2018年06月04日 15時39分

10:44JST