CO-65 Telemetry Decoder Update2012年04月06日 19時03分

Version 1.5 を試用しています。上部画面に受信データをコピー&ペーストする
と解析ができます。File - Open からでも解析はできますが、上部画面にデータ
が表示されません。しかも、自動保存される info ファイルには 1フレームのみ
しか記録されていません。開発途上のソフトですが、実用上は問題ありません。

DTMF Command       : 0.00 
3.3 Volts          : 3.26 V
5 Volts            : 4.88 V
Battery Voltage    : 3.91 V
Main Bus Voltage   : 3.70 V
Temp Comm Board    : 11.39 °C
Temp Battery       : 3.66 °C
Battery Current    : 370.98 mA
144 MHz S-Meter    : -99.07 dBm
1.2 GHz S-Meter    : -141.37 dBm

- Satellite Status   (00111100) ---  | - FET Status  (00010111) ----------

Satellite Mode     : FLIGHT     | APD3.3A            : OFF      
USB Enable         : DISABLED   | APD3.3B            : OFF      
RX Mutual Monitor  : ENABLED    | APD Main           : OFF      
TX Mutual Monitor  : ENABLED    | DAQ                : ON       
Antenna Deployment : DEPLOYED   | PDA                : OFF      
DTMF Permission    : ENABLED    | TH-59 (1.2 GHz Up) : ON       
Digipeater Mode    : DIGI OFF   | CW (430MHz Beacon) : ON       
                                | DJ-C5 (430MHz FM)  : ON       

RAX-2 telemetry every 10 sec.2012年04月07日 17時03分

16:47-17:01JST, 7 Apr 2012, Ele 65 SE-E-N, 437.345MHz 9600bps, GMSK KISS
10秒毎にテレメトリを送信していることを確認しました。

PRISM HAM Service now #12012年04月07日 20時04分

本日現在の登録ID は 6番まで。次の 6通です。 実際には衛星から 4パケットに
分割されて送信されてきますので、解読には文章をつなぎ合わせなければなりま
せん。今思うと、ID 5番に自局のメッセージが登録されたことは、条件が合って
非常にラッキーだったと思います。001/002 は管制局のメッセージですが、特に
001 は、39文字と限られたスペースを有効に活用しています。土曜日は関東では
地上混信が激しく送受信ダメです。明日日曜に期待です。

            1234567890123456789012345678901234567890
001 JQ1YCX  HappyBirthdayPRISM! HopeYouShineForever  [1 Apr 2012]
002 JQ1YCX  HopeYouContinueToWatchOverTheEarth.      [1 Apr 2012]
003 JA0CAW  PRISM HAM Service TNX                    [1 Apr 2012]
004 JA0CAW  Hello ALL via PRISM                      [1 Apr 2012]
005 JE9PEL  Hello via PRISM from Yokohama, Bye.      [1 Apr 2012]
006 JA6PL   PRISM HAM Service TNX                    [7 Apr 2012]

PRISM HAM Service now #22012年04月08日 14時24分

受信周波数を公称より +3kHz にセットして、デコード大変良好でした。

001 JQ1YCX  HappyBirthdayPRISM! HopeYouShineForever  [1 Apr 2012]
002 JQ1YCX  HopeYouContinueToWatchOverTheEarth.      [1 Apr 2012]
003 JA0CAW  PRISM HAM Service TNX                    [1 Apr 2012]
004 JA0CAW  Hello ALL via PRISM                      [1 Apr 2012]
005 JE9PEL  Hello via PRISM from Yokohama, Bye.      [1 Apr 2012]
006 JA6PL   PRISM HAM Service TNX                    [7 Apr 2012]
007 JE9PEL  Hello via PRISM HAM Service vry TNX.     [8 Apr 2012]

NOAA-19 weather satellite2012年04月08日 15時44分

13:09-13:24JST, 8 Apr 2012, Ele 49 S-W-WN, 137.100MHz
半年ぶりに気象衛星 NOAA-19 を受信しました。新ノートPC では、受信時に画像
が大きく斜めになっていました。これは、PCサウンドカードのサンプリング割合
レートが 11025 Hz からずれていることによります。これを事前に調整して正確
に WXtoImgソフトに設定する必要があります。次の手順を踏みます。このあとに
懸案事項になっている、FCD + WXtoImg および FCD + SDRRadio による受信実験
に取り組むつもりです。

<手順>
 (1) Options - Disable PLL を選択し、PLL を無効にする。
 (2) Projection - Normal を選択する。
 (3) File - Open Audio File で、NOAA衛星の録音ファイルを選択する。
 (4) 画像表示が斜めになっている。これは PLL無効による正常な動作。
 (5) Image- Slant Correction を選択し、画像中の斜線に合わせマウス
     により左上から右下にドラッグする。赤く細い斜線が 1本引かれる。
 (6) マウスボタンを放すと、NOAA sampling frequency が新しく表示
     されるので、Set only NOAA sampling frequency にチェックする。
 (7) Options - Disable PLL のチェックを外し、PLL を有効に戻す。
 (8) 画像が再解析されて真っ直ぐになり、次回からも正常表示される。
 (9) Options - Save Options を選択し、設定終了。


NOAA-19 受信時の様子 with WXtoImg
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/20408noa.png
NOAA-19 受信解析画像 with WXtoImg
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/20408n19.png
NOAA-19 信号音 137.100MHz
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/20408n19.wav
気象衛星 NOAA 受信方法
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr444.htm

APTDecoder2012年04月08日 20時31分

本日午後JST に受信録音した NOAA-19 wavファイルを、APTDecder というソフト
にかけてみました。 WXtoImg と同様の解析画像が現れました。この APTDecoder
は初めて使ってみましたが、最初の設定が難しいです。まだ使い方がよくわから
ないので、次のサイトを参考にしました。追々、実験していきたいと思います。
http://wwwb.pikara.ne.jp/matusita/
http://wacars-kochi.bent.jp/aptdecoder/aptdecoder_1.htm

H-IIA 21号機打上げ情報2012年04月09日 21時31分

三菱重工特設サイト
http://h2a.mhi.co.jp/f21/index.html

CO-58(XI-V), CO-65 today2012年04月10日 21時29分

CO-58, 20:46-20:59JST, 10 Apr 2012, Ele 84 N-W-S, Telemetry
CO-65, 21:00-21:13JST, 10 Apr 2012, Ele 73 S-W-N, Digi-ON

平成24年度 第20回衛星設計コンテスト2012年04月12日 20時06分

過去のコンテスト受賞作品を見ると、日本の衛星が世界をリードしている理由が
わかるような気がします。高校・大学・研究機関等、実に活発です。選定されると
JAXA等の打ち上げ機会へ推薦されるようです。
http://www.satcon.jp/