HORYU-4 receiving via LINUX2016年12月05日 21時55分

HORYU-4 received 2.4GHz using LINUX
20:45-20:56JST, 5 Dec 2016, Ele 20 W-S-SE, 2400.300MHz 100kbps BPSK

今夜のパス(5 Dec.2016) で、HORYU-4 2.4GHz を LINUX + Ubuntu1610 を使って
初めて受信をすることができました。全部で10枚のスクリーンショットを撮りま
した。そのうちの 5枚を紹介します。GQRXフトには設定箇所に Input controls,
Receiver Options, FFT Settings  の三つがありますが、備忘録という意味も含
め、この 5枚のショットにそれぞれ収めています。

今回、気が付いたことは、パスの最初に管制局が SーBand の発信コマンドを送信
する時には 2400.300MHz で信号を送り、それから 100kHz幅の BPSK送信が 自動
的に始まり、パスの終わりにも同様に 2400.300MHzで送信終了の信号を送ってい
ることです。それは、図の 1枚目と 5枚目を見るとわかります。

今回は、2400.300MHz をコンバーターで変換した 144.300MHz で受信しています。
GQRX_FFT画面では、中心部のノイズを避けるという理由で、Receiver Oputions 
を 60kHzに設定(中心をずらして表示)して、Hardware frequency(中心周波数)を
144.240MHz に設定しています。GQRXソフトでは、wavファイルで録音することも
できます。今回も一部、録音をしました。

    

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック