SimpleSat LookDown Update2012年06月04日 21時07分

SimpleSat の新旧の区別は Look と Down の文字の間に半角スペースが入ってい
るかどうかで区別します。解凍フォルダもプログラム名も半角スペースが入って
いずに、くっついている方がアップバージョンです。バージョン数値はどちらも
Beta 0.99 なので、数値では区別がつきません。

起動後、最初に Setup ボタンを押します。そして ポップアップ画面の右半分の
Location1 と Location2 には、当面 両方とも同じ自局の Grid Locator を入力
し、Use_Grid ボタンを押すと簡単で良いでしょう。次に 同じポップアップ画面
の左半分で 新GroupName を入力し、衛星名をクリックし 衛星を取捨選択します。
設定はただそれだけです。

また、起動画面の右下の画像に自作画像を挿入できるようになりました。拡張子
.png の 300 x 300 pixel 以内の画像を次のフォルダに置くだけで、起動画面の
右下に、各国の AMSATロゴに混じって 8秒毎に画像が切り替わるようになります。
次のフォルダに画像を置いた後、SimpleSatプログラムを再起動します。

 (D:)\SimpleSat LookDown\SimpleSatData\Images

衛星軌道要素は \SimpleSat LookDown\SimpleSatData 内に SatData.txt として、
衛星名は AllSats.txt というファイル名で、それぞれ対応して格納されています。
SimpleSat が起動する直前に、Online で AMSAT-KEPS サイトから自動的に TLE 
が取り込まれます。それぞれのファイルは、別途編集加工も可能です。フォルダ
内には、RotorData.txt というファイルもあり、将来的にはローテーターも制御
できるようです。

SimpleSat の起動画面の左下の Map を Zoom_Up すると、あたかも自分が衛星に
乗っているかのように、地表上を滑るように移動していきます。 この LookDown
というソフト名は、衛星から地球を見下ろすことに由来しているように思います。
文字通りシンプルなソフトで、遊び心のあるソフトと言えましょう。
http://www.tomdoyle.org/simplesatlookdown/SimpleSatLookDown.html

(上図は、21:00JST, 4 Jun 2012, CO-65 が関東上空を滑っている時の様子)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック