CO-65 HKデータ解析 #12011年10月02日 12時45分

10:02-10:14JST, 02 Oct 2011, Ele 53 N-W-SW, 437.475MHz AFSK

本日朝パスにおいて、「TunaTerm」を使って受信したバイナリ(.bin)ファイルを
CO-65, HKデータ専用の「Comm_HK.xls」を用いて解析してみました。「B0」以下
の 23バイトを、Excelシートの一つ一つのセルに手入力して解析できるのですが
ここで多数のデータを一気に貼り付ける方法はありますか? また、受信時間を
セルに入力する時の書式がわからないのですが...?

B0 00 03 F5 3D 17 3C 00 FD 00 86 87 CC AE B2 28 24 65 56 30 AD 20 00

http://lss.mes.titech.ac.jp/ssp/cute1.7/software.html
http://lss.mes.titech.ac.jp/ssp/cute1.7/fm_mode_comm_hk.html

コメント

_ ji1izr/眞田 ― 2011年10月02日 23時01分

ブログをほぼ毎日拝見しています。
エクセルでbinデータを変換するには、一旦binファイルを別ファイルとして読み込む方法があります。
まず、エクセルの「開く」を起動し、ファイル名の隣にあるデータ形式を「すべてのファイル(*.*)」にして、binファイルを開きます。
次に「テキストファイルウィザード1/3」というウインドウが開きますので、「スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ」を選択します。
続く「テキストファイルウィザード2/3」のウィンドウでは、日付及び時刻の頭や末尾についている括弧などを区切り位置の指定で日付等のデータ部分と区別します。
最後の「テキストファイルウィザード3/3」で、日付及び時刻欄のデータ形式を「日付」に、それ以外を「文字列」に設定して、「完了」をクリックします。
以上でbinファイルが開きますので、必要部分をデータ解析用のエクセルファイルにコピーと貼り付けをすることになります。
参考となれば幸いです。

_ JE9PEL/1 ― 2011年10月03日 19時26分

詳しい解法をありがとうございます。
自分で考えればよいのですが、時間が足りなくて、
つい人に頼ってしまいました。さっそく追試をしてみます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック