NASA PACE Mission #22024年02月12日 16時33分

Geoscan-Edelveis LAST jpg #22024年02月12日 09時50分

$ grep '^2024-02-10 11' 40212geo.csv > 2024-02-10_11.csv
$ cut -c 1-148 2024-02-10_11.csv > 2024-02-10_11_modified.csv
$ python3 process_simple.py 2024-02-10_11_modified.csv
> Writing image to: 2024-02-10_11_modified.jpg

Astrocast-0.1 active2024年02月11日 22時18分

Astrocast-0.1, 437.150MHz 1k2_FSK
Soundmodem_fskax25 ではデコードしない?

Tnx.>JH4XSY/1
> the implementation of FX.25 by Astrocast is not correct
> https://destevez.net/2018/12/decoding-astrocast-0-1/
情報ありがとうございます。何度も試行錯誤してました。

Astrocast series2024年02月11日 08時40分

Astrocast SA, Switzerland
https://www.astrocast.com/

Astrocast-0.1,  #43798, 437.150/2403.000 1k2_FSK, HB9GSF, active
Astrocast-0.2,  #44083, 437.175/2406.000 1k2_FSK, HB9GSF, re-entered
Astrocast-0101, #47430, unknown
Astrocast-0102, #47488, 1.531GHz FM, active
Astrocast-0103, #47487, 1.531GHz FM, active
Astrocast-0104, #47519, 1.531GHz FM, active
Astrocast-0105, #47517, unknown
Astrocast-0201, #48954, 1.531GHz FM, active
Astrocast-0202, #48961, unknown
Astrocast-0203, #48955, 1.531GHz FM, active
Astrocast-0204, #48952, unknown
Astrocast-0205, #48960, 1.531GHz FM, active
Astrocast-0301, #54370, 1.531GHz FM, active
Astrocast-0302, #54369, 1.531GHz FM, active
Astrocast-0303, #54368, 1.531GHz FM, active
Astrocast-0304, #54367, 1.531GHz 0k4_QPSK. active
Astrocast-0401, #55110, unknown
Astrocast-0402, #55109, unknown
Astrocast-0403, #55111, unknown
Astrocast-0404, #55112, unknown

CubeSX-HSE-32024年02月10日 05時31分

436.570MHz, 2k4-9k6 GMSK_USP, RS42S

RESHUCUBE (RS8S) diploma program2024年02月09日 16時04分

MKA "RESHUCUBE (RS8S)" launches its first diploma program for receiving satellite images
MKA "RESHUCUBE (RS8S)" 初の衛星画像受信ディプロマプログラムを開始
2024年2月7日 R4UAB

(訳注) diploma program, 資格取得証明
(地域限定で過去形の情報であるが、このようなイベントがあったという広報をする。@JE9PEL)

レシェトネフ大学(Reshetnev University)は、"RESHUCUBE (RS8S)"衛星からの画像受信に関する
初のディプロマプログラムを開始する。このイベントは、ロシア科学デーに合わせて開催される。
小型衛星 (SSV) "RESHUCUBE (RS8S)" 衛星は、二日間、衛星からデジタル映像を送信し、地上局
を持つ全てのアマチュア無線家が受信できる。

画像を取得する手順は、画像全体を小さな「部分(pieses)」に分割し、衛星がこれらの「部分」
を地球に送信する。アマチュア無線家は画像の全ての「部分」を受信するだけでよく、そこから
最終的に一つの全体像を組み立てる。

重要! 送信はデジタル形式で行われる。これは SSTV ではない。

ディプロマ画像の作成に成功した全ての参加者は、レシェトネフ大学から電子形式(リクエスト
に応じて紙)で、確認ディプロマ証書を受け取る。関心と競争心を維持するために、ディプロマ
画像は、プログラムが終了するまで秘密にされる。

技術的な情報:

送信開始: 2024年2月8日 00.00 UTC
送信終了: 2024年2月9日 23.59 UTC
送信地域: 送信はテストであるため、ロシア上空でのみ行われる。
頻度: 2分間の送信、1分間の間隙。

小型衛星 "RESHUCUBE (RS8S)" の周波数
ダウンリンク: 435.380 MHz GMSK 2k4 USP FEC, GMSK 4k8 USP FEC, GMSK 9k6 USP FEC

More about receiving packets from satellites on SPUTNIX platforms
More about decoding received data

Webサイト "Radio Amateurs" セクションで、XMLアセンブリと Telemetry Viewer
ソフトウェアアセンブリが更新された。

ディプロマ証書の申請は、"Broadcasting of Siberian State University" という件名で、
次の内容の電子メールの形式で、oksanaagafonova3(@)gmail.com に送信する。

1. フルネーム (一括申請の場合は参加者全員を記載)
2. コールサイン (コールサインがない場合は「コールサインなし」と記載)
   一括申請の場合は参加者全員を記載
3. 受信日時 (UTC)
4. 受信場所 (for statistics)
5. 証書を送るための完全な郵便番号と住所 (if necessary)
6. 受信画像(添付ファイル)
7. 受信設備(機器、アンテナ種類、ソフトウェア等)

申請書を受領すると、確認書が届く。応募受付期間は送信終了後7日以内となる
申請は2月末まで受け付ける。

小型宇宙衛星研究室は、参加者の成功を祈る。

Detailed Steps PDF

Telemetry of the satellite "RESHUCUBE (RS8S)" (receiving station network "Efir"):
https://r4uab.ru/satdb/sputnik-reshucube/
Telemetry sonic of the satellite "RESHUCUBE (RS8S)" (receiving station network "Efir"):
https://sonik.space/satellites/EUTM-6475-4739-7036-7152/
-----
- Chat on Telegram for advisory support and communication only - https://t.me/amateursat
- Channel on Telegram - https://t.me/r4uab_ru
- Group of VK - https://vk.com/r4uab_ru
- Our group of Odnokrasniki - https://ok.ru/group/56474542801028

On behalf of the Russian amateur radio community,
we congratulate the Innovation Promotion Foundation on its anniversary!
ロシアのアマチュア無線コミュニティを代表して、技術革新促進財団の創立記念日をお祝いする!

SXC3-2111 (SibSU,RESHUCUBE)2024年02月09日 10時37分

435.380MHz, 2k4/9k6/19k2 GMSK_USP, RS8S

AO-92 & NO-116 re-entered2024年02月08日 14時47分

Fox-1D(AO-92) & SanoSat-1(NO-116) re-entered.

国立天文台VERA石垣島天文観測局2024年02月08日 10時06分


YouTube (2m58s)

国立天文台VERA石垣島天文観測局は、2020年に 一度閉鎖されることになったが、
当時の観測局職員K氏と自分(専門分野)が中心となって、地元の高校生有志団体
と共にVERAの存続の活動を行ない、当時、来島していた文科大臣に継続の陳情を
した結果、当面継続することになった。しかし、諸般の事情からそれも2026年度
までの運用となり、その後の存続は不透明である。日本の科学分野の発展のため
に、何とか長期存続運用となることを願っている。(記.JE9PEL/JR6)

The National Astronomical Observatory VERA in Ishigaki island and Ampal Farm
restaurant in Nagura area are actually very close to each other. I visited both
of them today. The VERA observation station was to be closed once in 2020, but
Mr. K, an employee of the observation station at the time, and myself (in my
field of expertise) took the lead in working with a volunteer group of the local
high school students to continue activities to ensure the continuation of VERA.
After making a petition to the Minister of Education, Culture, Sports, Science
and Technology, who was visiting Ishigaki island at the time, it was decided
that the program would continue for the time being. However, due to various
circumstances, this will only be in operation until 2026, and its continued
existence after that is unclear. I hope that it will somehow remain in operation
for a long time for the development of Japan's scientific field. (wrote @JE9PEL)

Svyatobor-12024年02月07日 08時53分

437.875MHz, 2k4/4k8/9k6 GMSK_USP, RS60S