CUTE-1.7+APDII 受信画像データ処理2008年06月30日 18時11分

JISコードを ascii に変換してみると、
①「4A 51 31 59 54 43 3E 4A 51 31 59 43 5A 」は、
 「 J  Q  1  Y  T  C  >  J  Q  1  Y  C  Z 」に相当。
②「5B 30 36 2F 32 37 2F 30 38 20 20 32 31 3A 34 33 3A 33 31 5D 」は、
 「 [  0  6  /  2  7  /  0  8        2  1  :  4  3  :  3  1  ] 」に相当。
③「3C 55 49 20 43 3E 」は、
 「 <  U  I     C  > 」に相当。
つまり、②,③ を削除すると、① の『JQ1YTC>JQ1YCZ』と『:』だけが残り、
これに続くのは画像データだけとなります。

大量の受信画像データから、この ② と ③ を手作業で削除するのは大変です。
そこで別の手段を考えました。 TNC は「MSTAMP OFF」とすると、② のタイム
スタンプが最初から付きません。

③ の <UI C> の部分は、テキストエディタで null に置換します。
つまり、「3C 55 49 20 43 3E 」を「(未記入)」で一括して置換します。
これなら削除に膨大な時間を要していたのが、瞬時に作業が完了します。

コメント

_ JE1CVL ― 2008年06月30日 19時03分

そうですか、なるほど。ご案内ありがとうございます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック