Re: "WiSP SoundModem and HW_VSP3" uploading2017年10月15日 11時14分

保存.wavファイルでは 「送信」 ができた!!!
SoundModem のデバイス設定で送信チェックを入れ忘れていた!

  SoundModem - Settings - Devices - PTT Port - COM2

この COM2 は、UISS の送信時にも設定した COMポートである。
これで恐らく、衛星にも直接送信できるだろう。(次回に続く)

"WiSP SoundModem and HW_VSP3" uploading2017年10月15日 07時47分

hardTNC, SDR 無しで、SoundModem と VSP3 のみで衛星信号の直接受信はできた。
MSPE にもデータが入り、送信動作に入っている。しかし、最後の最後に Rig に
送信信号が入っていかない。やはり、予想どおり何か策が必要だ。

Re^2: Successfull "WiSP SoundModem and HW_VSP3"2017年10月14日 19時19分

昨日は、受信後保存ファイルの再生で上記タイトルの実験が成功した訳であるが、
実際に衛星からの信号を直接受信している時にも、これと同じことが出来るであ
ろうか。それが出来て初めて完全成功と言える。特殊なケーブルを作成する必要
があるかもしれない。今、それをちょっと考えている。

Re: Successfull "WiSP SoundModem and HW_VSP3"2017年10月13日 21時52分

まず、HW_VSP3 のインストールですが、自局環境 (Windows10, 64bit, English)
では先に述べたように、なかなかインストールができず、ずっと悩んでいました。
以前から、英語版 Windows10上で日本語ソフトが起動できない時は良く知られて
いる 「Locale Emulator」 を使い、起動できるようにしていました。この HW_VSP3
は外国ソフトです。まさかと思いましたが、半分ヤケになり 「Locale Emulator」
を経由してみたところ、見事に HW_VSP3 は動作しました。不思議です。WiSP と
連携させるには、さらに多少の手順が必要なので、ここにまとめておきます。

 1. HS_SoundModem Ver0.19 を最初に起動する。
    Settings - Modems - Full dupplex mode にチェックを入れる。
    Settings - Devices - KISS Server Port: 8100 とする。

 2. HW_VSP3 を、「Locale Emulator」 経由で起動する。
    右クリック → ローカルエミュレータ → プロファイルで実行

 3. HW_VSP3 を初期設定する。(初期設定は最初だけ。次回からは自動的に有効)

    Virtual Serial Portタブ
        - Port Name: COM4, IP Address: 127.0.0.1, Port: 8100

    Settingsタブ - Create VSP Port when HW VSP Start-up
                   Purge Buffers when Port is Opened
                   Connect to Device even if Virtual COM is closed     

    この三つをチェックして、下段の Connect Save Settings to INI file を
    押す。Virtual Serial Portタブに戻って下段の Create COM ボタンを押す。

    しばらくすると、中段の VSP Status: Created, LAN Status: Connected
    と変化し、HS_SoundModem Ver0.19 との接続が完了する。

 4. WiSP(GSC) を管理者モードで起動する。(My_HP No.969)
    GSC - Setup - Satellite Setup - FalconSAT3 - Edit - TNC Settings
                                        - Port: COM4, TNC Type: None

 5. 完了。あとは衛星の飛来を待つばかり。
    実験では、GSC - Tracking - Run Pass として、受信保存済み.wavファイル
    を読み込ませた。次は、以上の流れ図。

    

Successfull "WiSP SoundModem and HW_VSP3"2017年10月13日 19時54分

VSP3実験、受信送信ともに成功しました! 自局環境では大技が必要でした。
仮想バーチャルポートによる実験です。詳細は後刻。

Communication Concept2017年10月12日 23時05分

通信概念としては、こんな感じでしょうか。3番は一方通行です。

  1. WiSP ⇔ TNC ⇔ Rig ⇔ Antenna

  2. UISS ⇔ Rig ⇔ Antenna

  3. SoundModem018 ⇐ SDR# ⇐ RTLSDR ⇐ Antenna

  4. WiSP ⇔ VSP3 ⇔ SoundModem019 ⇔ Rig ⇔ Antenna

  5. UISS ⇔ VSP3 ⇔ SoundModem019 ⇔ Rig ⇔ Antenna

COPPER-2, MinXSS-2, RANGE-A/B2017年10月12日 18時23分

       

Launch Date: 21:37UTC, 17 Oct 2017
Launch Vehicle: Minotaur-C-XL-3210
Launch Site: SLC-576E, Vandenberg Air Force Base, California
Launch with: COPPER-2, CPOD-A/B, MinXSS-2, RANGE-A/B, SkySat 8-13

COPPER-2    437.290           9600bps
MinXSS-2    437.250           9600bps GMSK
RANGE-A/B   437.150/437.475   0.1kbps-115.2kbps FSK/MSK/GFSK/GMSK

http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr965.htm

FalconSAT-3 and WiSP2017年10月12日 07時56分

WiSP SoundModem and HW_VSP32017年10月11日 21時07分

 

Received using "WiSP SoundModem and HW_VSP3" by JA0CAW on 11 Oct 2017.
理論的には自局(JE9PEL/1)でも、これと同じように受信送信できるはずである。

http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr970.htm
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/wispvsp3.htm

FalconSAT-3 wav file2017年10月11日 06時28分

 

今後の WiSP受信実験用に、今朝(11 Oct 2017) の FalconSAT-3 信号を受信保存
しました。この録音wavファイル(1分)は、WiSP を使ってもデコードできるはず。

5:46-5:57JST, 11 Oct 2017, Ele 47 WS-S-E, 437.103MHz 9600bps GMSK
http://dl.dropbox.com/s/l96jalasp1be5hh/71010fs3.wav