Fox-1A telemetry format2015年10月11日 15時24分

Fox-1 satellites include two telemetry formats:

- Slow Speed, also called Data Under Voice (DUV) is 200 bps FSK data sent
  at the same time as the transponder audio. Whenever the transmitter is
  on, data is being sent. This happens during beacons and during live QSOs.

- High Speed is 9600 bps FSK sent instead of the transponder. This is used
  for data intensive experiments such as the Virginia Tech Camera and the
  University of Iowa HERCI experiment. This is only active when commanded
  from the ground. You can recognize High Speed because it sounds like an
  old school computer modem.

- FoxTelem will receive and store both formats assuming you can feed it
  audio that does not have the frequencies below 200 Hz filtered.
  For High Speed, the audio must also extend to include the full 9600bps
  bandwidth of the FM signal.  For both modes this is best achieved from
  a Software Defined Radio or from the 9600 bps packet port of some radios.
  See the user guide for more details.

Fox-1 は二つのテレメトリフォーマットがある。

- Slow Speed, あるいは Data Under Voice (DUV) と呼ばれるトランスポンダー
  オーディオと同時に送信される、200bps FSKデータである。送信機が ON の時
  はいつでも送信される。これは、ビーコンやライブQSOの最中にも送信される。

- High Speed は、トランスポーンダーの代わりに 9600bps FSK として送信され
  る。これは、バージニア工科大学のカメラとアイオワ大学の HERCI実験として
  集中的な実験のために使用される。地上局がコマンドを送信した時にのみアク
  ティブになる。それは学校の古いコンピュータモデムのように聞こえるので、
  High Speed であると認識できる。

- FoxTelem ソフトは、200Hz以下の周波数をフィルターしたオーディオを通して
  両方のフォーマットの信号を受信し保存する。 High Speed についてはまた、
  オーディオは FM信号の9600bps全帯域を含むように拡張する必要がある。両方
  のモードとも、SDR (Software Defined Radio) あるいは、無線機の 9600bps
  パケットポートを使うと最適である。詳細についてはユーザーガイドを参照。

AMSAT Fox-1 Telemetry Decoder Manual (foxtelem_manual.pdf)
http://www.amsat.org/?page_id=4532
http://blog.goo.ne.jp/je1cvl/d/20151011

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック