FO-29 運用休止 from JARL2007年05月05日 16時50分

■ 「ふじ3号」 の現況と運用について ■
(正常動作は確認されましたが、しばらくの間運用を休止します。)

既報のとおり、JARLのアマチュア衛星「ふじ3号」 (JAS-2、FO-29、
8J1JCS) は、2007年4月21日ごろから アナログ系中継器が停止し
ていましたが、その後の現状をお知らせします。

「ふじ3号」 は、5月3日(木) 16:00(UTC) のパスで、アナログ系中継
器 (JTA) を管制局からのコマンドにより ON, OFF することができ、
コマンド系には不具合のないことを確認しました。

5月4日(金) には、アナログ系中継器を ON にして 電力収支を確認
しましたが、日陰率が 25% 程度あり 電力収支がかなり厳しい状態
にあることがわかりました。

これに伴い、今後、「ふじ3号」 の電力収支の確認や、バッテリー・
リコンディショニングなどの作業をおこないますので、しばらくの間、
運用を休止することといたします。 利用者の皆様方にはご心配を
おかけしますが、ご了承お願いいたします。

なお運用休止期間中、日本の上空で 一時的にアナログ系中継器
を ON にする場合がありますが、ループテストや交信など、中継器
のご使用は控えてくださいますようお願いいたします。

http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/2007_news-5.htm#0505

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック