Meteor-M N2 描画2019年06月23日 21時15分

Meteor-M N2 を 3年ぶりの受信。 エラーメッセージを都度、確認しながら 必要
なフォルダをあらかじめ事前に作り、全ファイルを D:\meteorm2\meteorgis内に
収め、MeteorGIS を手動で起動。M2_LRPT_Analizer は、Start後に自動的に動作
するのは見事。今夜(23Jun2019)のパスでいきなり描画したのは、昔取った杵柄か。
Tnx.>JE1CVL, JO1PTD, JA0CAW

   
   

http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr925.htm
http://blog.goo.ne.jp/je1cvl/d/20190118

コメント

_ ja0caw ― 2019年06月24日 08時22分

おはようございます。GISで作成された画像はありますか?
これだけの画像ですとGISが最後まで動いてません。

_ je9pel ― 2019年06月24日 09時47分

7枚目(二段目左から3枚目)の画像のフォルダに入っていたbmpが
8枚目の写真です。今度、昼の仰角の高いパスで受信してみます。

_ ja0caw ― 2019年06月24日 15時12分

了解しました。
GIS動いてなしですね。
手順ですが、sdr#で受信⇒lockかかりましたらGISを起動⇒GIS立ち上がると自動でLrptが立ち上がる⇒sdr#のLockが外れたらsd#を終了する⇒sdr#が終了すると少し経つとLrptが自動で終了してGISが計算を始める。⇒GISが計算終了すると自動でGIS終了。以上です。画像は13個できるはずです。では。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック