cmake re-compile2019年05月16日 23時55分

あれこれ cmake をいじっているうちに、cmake が壊れてしまった。(2019 5/16)
ソースから改めてコンパイルしたが、復旧に半日掛かった。以下、その備忘録。

Download "cmake-3.13.5.tar.gz" from http://cmake.org/download/
Extract this "cmake-3.13.5.tar.gz" in Home folder
$ cd cmake-3.13.5
$ ./configure
$ make
$ sudo -s
# make install
# exit
$ sudo ldconfig
$ cmake --version
cmake version 3.13.5
cmake suite maintained and supported by Kitware (kitware.com/cmake).

簡単にコマンドを解説すると、

configure: これからインストールを行う OS の CPU やバージョンを調べたり
           必要な関連ツールを調査する。そして,これらの状況を記述した
           makefileファイルを作成する。

make: configure で作成された makefile を基にしソースコードをコンパイル
      する。コンパイルとは、人間が書いたプログラムを PCにわかるように
      変換すること。

make install: makeで生成されたバイナリファイルを、規定のディレクトリに
              コピー(インストール)する。

ldconfig: 共有ライブラリを PCに認識させる。ライブラリとは、よく使用
          されるプログラムの共通部分を抜き出して、他のプログラムから
          利用できるようにしたもの。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック