GNURadio introduction to Satellites #1-12019年05月04日 09時24分

SDR+GNURadio に関する grc_study.zip (by JI1SZP) に含まれる、study.grc に
沿って演習を行っていく。これは、先日 京都で開催された JAMSATシンポジウム
(2019, 3/16-3/17) において発表された内容で、JAMSAT Newsletter, #293 にも
詳しく紹介されている。

[演習1-1] COS(コサイン)波を生成して波形表示を行う

まずは、'Signal Source' と 'QT GUI Time Sink' の二つのブロックを配置し、
COS(コサイン)波を生成して波形表示を行う という基本レシピを作る演習から。
最新の 'GNURadio Companion Ver3.7.13.5' 上で、study_1_1.grc を実行した。

Core -> Variables -> Variable
        ID: samp_rate, Value: 32000
Core -> Waveform Generators -> Signal Source
        Right click ->Properties
        Output Type: Complex, Sample Rate: samp_rate
        Waveform: Cosine, Frequency: 100
Core -> Instrumentation -> QT -> QT GUI Time Sink
        Right click ->Properties
        Output Type: Complex, Sample Rate: samp_rate

(Reference)
grc_study.zip
SDR_GNURadio.pdf
SDR_GNURadio.pptx
RFワールド#44 「GRCで広がるSDRの世界」 (CQ出版社)
JAMSAT Newsletter #293 (日本アマチュア衛星通信協会)

(JP)
LINUX USB 起動方法 #1
LINUX USB 起動方法 #2
LINUX USB 起動方法 #3
Satellites on LINUX USB #1
Satellites on LINUX USB #2
Satellites on LINUX USB #3
Satellites on LINUX USB #4
Satellites on LINUX USB #5

(EN)
LINUX USB boot #1
LINUX USB boot #2
LINUX USB boot #3
Satellites on LINUX USB #1
Satellites on LINUX USB #2
Satellites on LINUX USB #3
Satellites on LINUX USB #4
Satellites on LINUX USB #5

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック