LINUX USB boot #62019年01月06日 09時36分

最後に、周波数自動追尾のために Gpredict をインストールする。
以下の手順で、最後の画像の所まで辿り着く。 外国局のサンプル画像を見ると
ここで、Gpredict のダウンリンク周波数が GQRX に反映している様子が伺える。
しかし、自局では GQRX ⇔ Gpredict がうまく連動しない。 以前も同様の症状
であった。最後の画像の赤矢印の部分である。 この問題が、今後の課題である。

    > Gpredict の Doppler は時々刻々と変化しているにも関わらず、
    > Radio の箇所に連動しない。Settings - Engageボタンを押すと
    > 数回は反応し数値が変化するが。さらに、Downlink - Radio の
    > 周波数が Gpredict に連動せず変化しない。これが最も重症。

       

73. Gpredict installing
74. Search in your applications -> Gpredict
75. Gpredict -> Edit -> Preferences -> Ground Stations
76. Gpredict -> Edit -> Update TLE -> From network
77. Gpredict -> File -> New Module -> ISS etc.
78. Set the host and port on Gprecict and GQRX as shown above
79. Gpredict -> Edit -> Preferences -> Interfaces -> Radios -> Add New
80. GQRX -> Tools -> Remote control settings -> host, port etc.
81. Triangle button in the upper right of Gpredict -> Radio Control
82. Set the satellite frequencies, and press Engage & Track button
83. Then it will begin the automatic tracking of Doppler shift

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック