User Account2018年06月04日 17時18分

先日、C:\Users\... をレジストリで変更して PC起動に大変なトラブルを起こし
てしまったが、この件、発想の転換で見事に解決した! こんな危険な作業をせず
とも、半角アルファベットの新たなローカルアカウント名を作成し、このUser名
でアカウント切り替えをしてサインインし直せば、今まで漢字User名に起因して
起動しなかったすべての外国ソフトが、正常に起動することを確認した。(次図)
漢字User名でも動作する外国ソフトは多いが、C:\Users\...を参照するソフトは
英語版Windowsにおいては漢字User名は極力避けるべきであることを再認識した。
MinXSS_Decoder が起動しなかった件も、一年越しで解決した。

  

CAS-4A (ZHUHAI-1 01) 4k8 GMSK2018年06月04日 20時34分

UWE-3 9k6 GMSK2018年06月05日 18時34分

UniSat-6 9k6 GMSK2018年06月06日 21時29分

EcAMSat alive!2018年06月07日 22時12分




生存期間は 45日と言われていましたが、まだ生きているという情報があります。

Release from ISS on Nov 20, 2017
E. coli AntiMicrobial Satellite, 6U CubeSat, Lifetime 45 days
Santa Clara University, Stanford University School of Medicine, USA
http://www.nasa.gov/centers/ames/engineering/projects/ecamsat
http://sites.nationalacademies.org/cs/groups/ssbsite/documents/webpage/ssb_167820.pdf
http://ecamsat.engr.scu.edu/
437.100MHz 1k2 AFSK

SDR# を Windows10上で起動する方法2018年06月07日 22時21分

以下に、思い付くことを加筆修正していきます。
お気付きのことがあれば、コメントをお願いいたします。
----------------------------------------------------

SDR# 32bit版、または64bit版を Windows10 にインストールする。 32bit版では
3つの DLLファイル: rtlsdr.dll, NDde.dll, SDRSharp.DDETracker.dll を SDR#
フォルダにコピーし、さらに SDRSharp.exe.Config と Plugins.xml ファイルに
次の一行をそれぞれ追加して数分でアップデートが完了する。 My HP, No.927

[SDRSharp.exe.Config]
  <add key="RTL-SDR / USB" value="SDRSharp.RTLSDR.RtlSdrIO,SDRSharp.RTLSDR" />
[Plugins.xml]
  <add key="DDE Tracking Client" value="SDRSharp.DDETracker.DdeTrackingPlugin,SDRSharp.DDETracker" />

64bit版では、SDR# の起動画面左上の Source欄に、「RTL-SDR(USB)」 は選択でき
るものの、「RTL-SDR Controller」(歯車) の Device欄は空欄のままで、そのまま
SDR# をスタートしようとすると、エラー表示: 「No device selected」 が表示さ
れて起動しない。これは、今までの rtlsdr.dll では、古くて対応できないこと
が原因で、このエラー表示は、下記 1.~3. を行うことで回避することができる。
現在、32bit版のみが SDR# の HP上にあり、下記 1.~3. を考慮する必要はない。
32bit/64bit のいずれの Windows PC でも、SDR# 32bit版は動作するので、下記
の 4. 以降を実行すればよい。(参考. RTL-SDRサイト)

 1. RTLSDR Driver を次から直接ダウンロードする。
    http://sdr.osmocom.org/trac/raw-attachment/wiki/rtl-sdr/RelWithDebInfo.zip

 2. 解凍すると、RelWithDebInfo フォルダーが生成される。その中に、
    rtl-sdr-release フォルダー があり、さらに x32 と x64 の 2つの
    フォルダーがある。

 3. x64フォルダーの中の『rtlsdr.dll』を、SDRSharpと同じフォルダに
    コピーすると、「RTL-SDR Controller」 の Device欄に、「RTL2832U」
    が表示され、SDRSharp は Windows10(64bit) 上で動作する。

 4. SDR# を、次の手順通りセッティングする。
    http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr893.htm
    http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr927.htm
    http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr951.htm

 5. SDRSharp.exe のショートカットをデスクトップに作る。

 6. 最初に、SDR#アイコン 右クリック → プロパティ → 互換性
     → 「管理者としてこのプログラムを起動する」 にチェックを入れる。

 7. 次回から、このデスクトップアイコンをダブルクリックするだけで、
    SDR# は Windows10上で正しく起動する。

 8. Windows10 では、SDR#フォルダ → 右クリック → プロパティ で、
    セキュリティ → 編集 → Users の 「アクセス許可」 フルコントロール
    にチェックを入れる必要がある場合がある。

 9. SDR# 左上 → 「Source RTL(USB)」 を選択し、他項目を手順通り設定する。

10. SDR# → 歯車クリック → RTL-SDR Controller
      → Device 欄に 「RTL2832U」 等、表示されていることを確認する。
     → Sample Rate で、デフォルト値を下げる必要がある場合がある。
     → Frequency correction (ppm) を、試行錯誤して調整する。

EcAMSat heard !2018年06月08日 20時15分

EcAMSAT 1k2 AFSK を、夜パスで確認しました。
自局、初受信です。

1KUNS-PF 1k2 GMSK2018年06月08日 20時41分

SDR# setup on Windows102018年06月09日 17時15分

SDR# を Windows10上で起動する方法
英訳 by JE9PEL

Download and install SDR# of 32bit or 64bit version to Windows10 from SDRSharp HP.
In case of 32bit virsion SDR#, copy to SDR#_folder the three files: "rtlsdr.dll, NDde.dll,
and SDRSharp.DDETracker.dll". And edit as follows "SDRSharp.exe.Config" and "Plugins.xml".
Refer My HP, SDR# Setup.

[SDRSharp.exe.Config]
  <add key="RTL-SDR / USB" value="SDRSharp.RTLSDR.RtlSdrIO,SDRSharp.RTLSDR" />

[Plugins.xml]
  <add key="DDE Tracking Client" value="SDRSharp.DDETracker.DdeTrackingPlugin,SDRSharp.DDETracker" />

In case of 64bit version of SDR#, it displays an error message as "No device selected"
in "Device" of "RTL-SDR Controller". The reason for this is that rtlsdr.dll is old and
SDR# can not deal with it. Then do 1, 2, 3 below. Currently, only 32bit version is on HP
of SDR#, there is no need to consider 1,2,3 below. Since 32bit version of SDR# works on
any Windows PC of 32bit or 64bit, It is enough to consider the steps after 4 below.


 1. Download RTLSDR Driver directly from:
    http://sdr.osmocom.org/trac/raw-attachment/wiki/rtl-sdr/RelWithDebInfo.zip

 2. When you unzip it, "RelWithDebInfo" folder is automatically generated.
    There is an "rtl-sdr-release" folder in it, and there are also two folders x32 and x64.

 3. When copying "rtlsdr.dll" in x64 folder to the same folder as SDRSharp,
    "RTL 2832U" is displayed in the Device column of "RTL-SDR Controller" and
    SDR# runs on Windows10(64bit).

 4. Set SDR# as follows.
    http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/rtlsdrdo.htm
    http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/sdrshdd3.htm
    http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/sdrwin10.htm

 5. Create the shortcut for SDRSharp.exe on your desktop.

 6. At first, SDR#_icon on desktop -> Right click -> Properties -> Compatibility
     -> Check "Activate this program as administrator".

 7. Secondly, double-click this SDR#_icon on desktop and SDR# will start correctly on Windows10.

 8. On Windows10, you may need to check the full control of "Access permission"
    on "SDR# folder -> Right click -> Property -> Security -> Users".

 9. SDR# upper left -> select "Source RTL(USB)" and set other items according to the procedure.

10. SDR# -> click the gear button -> RTL-SDR Controller
      -> Confirm that "RTL2832U" etc. is displayed in the Device column.
      -> In "Sample rate", it may be necessary to lower the default value.
      -> "Frequency correction(ppm)" has to be adjusted by trial and error.

DTUsat-2 weak 2.4GHz CW2018年06月09日 18時04分

仰角22度では、これが精一杯。