Windows10 April 2018 Update2018年05月03日 20時09分

Windows10 を、数時間かけて "April 2018 Update" にアップデートした。
Windows10左下隅スタート → 設定 → 更新とセキュリティ → Windows Update

正直、何が新しくなってどうなったのかよくわからない。少なくとも、RTL-SDR
のドライバが見えなくなったので、zadig2.1.0 を使って再度それを認識させた。
他にもいくつかの不具合が報告されている。 システムの復元ポイントの作成を
普段から行って、いつでも元に戻せるようにしておくことが必要だと思う。

多くの作業ファイルが、無意識に仮想ドライブに保存されるのは、Windows10の
仕様で変わりはない。これには慣れたが、PC初心者は悩まされるのではないか?

C:\Users\.....\AppData\Local\VirtualStore\Program Files (x86)\.....

が、その実体フォルダである。多くの重要な INIファイル等が収められている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック