WiSP hints for uploading with HW_VSP32017年10月20日 21時03分

Hard TNC による WiSP uploading については、My_HP No.660 を参照ください。
自局では Hard TNC を使わず、Soft TNC で WiSP の運用が Windows 10 (64bit)
上で実現できています。仮想バーチャル COMポートを設定しているところが肝要
な点で、次の手順でそれぞれのソフトを起動します。(設定の詳細は、次を参照)

 HS_SoundModem Ver0.19 → HW_VSP3 → WiSP3215  (My_HP No.968, 969, 970)

次の段階として、WiSP(GSC) でメッセージを作成して、衛星にアップロードする
手順をここに解説します。まず、メッセージファイルが、以下の画像のように次
の手順で正しく WiSP(GSC) で作成されているという前提でその先を述べます。

 GSC - Programs - Message Maker - Message Data
           - Edit - メモ帳 - ファイル - 上書き保存 - Send

 


MSPE によるアップロード要求が衛星に届くと、自動的に Upload Status の画面
がポップアップし、最初は全ての項目の値が 0 になっています。 これは正常な
状態で、まだ衛星との信号が一方通行の状態(地上局⇒衛星)なだけです。衛星と
の通信が両面交互通行(地上局⇔衛星)になれば、このポップアップ画面最下段の
"Approx.time remaining" の欄に棒グラフが右に伸びていきます。 1回のパスで
満タン状態(アップロード完了)になるのは稀です。そのためにも、アップロード
ファイルは最小サイズにすべきです。

  

 例えば、 Hello,
      de JE9PEL from Japan.

この 2行だけでも、何度もリトライを繰り返します。気長に数回のパスでアップ
をチャレンジします。 途中までアップロードできたファイルサイズは、WiSP と
衛星の両方に記憶されていますので、数回のパスで、小分けしてアップロードを
繰り返し積み上げていく概念です。 WiSP では、次のようにして大まかなアップ
ロードの状態を確認することができます。

 GSC - Housekeeping - View Upload Status - Satellite

Filename の欄に、WiSP と衛星の両者に認知されたファイル名が表示されます。
次の画像の例では、10F2.PUL となっていますが、これは 一部アップロード中と
いう意味です。まだ少しもアップロードされていないファイルでは、ファイルの
拡張子が OUT のままです。アップロードが完了すると拡張子は UL となります。

 


つまり、ファイルの拡張子は OUT → PUL → UL です。これは自動的に変化して
いきます。拡張子が UL になれば ファイルは衛星に認知され、WiSP でもアップ
ロードが完了したことを、次のようにして確認することができます。

 GSC - Programs - View Directory - Select Satellite

実際には、各局のアップロードメッセージが納められている衛星内の Directory
の一覧を、衛星からダウンロードするのにも一苦労します。 この Directory は
MSPE が自動的にダウンロード要求をして、これも同じ『繰り返し積み上げ方式』
で数回のパスにおいて自動的に完成を目指していきます。

コメント

_ JE1CVL ― 2017年10月21日 06時07分

詳しい解説ありがとうございます。一応理解出来ます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック