O/OREOS heard2015年11月23日 09時22分

昨日の TLE を早める必要はなく、今朝(11/23) 09:11JST のパスでは所定の時刻
に聞えてきました。上図のように、AOS 直後から 5秒ごとに送信していました。

FCD PPM calculation2015年11月23日 09時41分



今や FUNcbe Dongle Pro+ (FCD) を使う衛星受信が主流となっていますが、海外
からの購入価格も高く(€157)、入手後の設定方法も難しいので、導入をするには
一般には高い壁があることと思います。インターネットでは他に安価な Dongle 
がたくさん存在し、実際にそれを使用して衛星通信をしている局も多くいるので
参考になることでしょう。

(補足) ユーロ記号 € の表記の仕方を模索しているうちに、今朝(11/23)の
     DTUsat-2 の飛来時間がウッカリ過ぎてしまった。失敗,失敗......

さて、FCD の入手には My_HP No.697,698,699,700 の、特に No.698 の一行目の
「FUNcube Dongle Pro」 をクリックして辿ることができます。 設定は No.699 に
書いてありますが、さらに fcd_updj.htm のページが参考になると思います。

なお、この FCD の一本一本には 受信周波数に若干の個体差があるので、それを
補正する必要があります。 具体的には、その個体差の PPM を算出しなければな
りません。 PPM とは、「Parts Per Million」 のことで、受信周波数の変動値が
100万分のいくらなのかを表す周波数補正値のことです。つまり、

  周波数補正値 PPM=(1-(真の周波数/読み取り周波数))x100万 です。

PPM に関しては No.798下段[補足2] で詳細に解説しているので、ご参照下さい。

  

XW-2B 19k2 decoded2015年11月23日 21時39分

Date: 22 Nov 2015
Received by JA1GDE
Advised  by JA0CAW
Analyzed by JE9PEL



  





http://blog.goo.ne.jp/ja0caw-je0mzi/d/20151123
http://www.dropbox.com/s/b5s2fcsj3vou3cg/gde-xw2B.wav?dl=0