AAUSat-5 received report2015年10月06日 09時53分



AAUSat-5 CW信号も、PE0SAT局により 18:00 UTC, 5 Oct 2015 に受信されました。
http://amsat-uk.org/2015/10/01/iss-cubesats-deploy/

CSP (CubeSat Space Protocol) #12015年10月06日 21時53分

(C) eoPortal Directory
最近、どの衛星にも CSP (CubeSat Space Protocol) が搭載されていて、今後の
小型衛星の標準になりそうな予感のするプロトコルです。情報を収集しました。

A key distinguishing feature of the architecture is the use of the CSP
- a service oriented network protocol implemented on all the subsystems
and extending transparently across the space link to the ground segment.
CSP is developed in collaboration between Aalborg University and GomSpace
and is available as open source.

This "mission internet" provided by CSP, and the design philosophy behind
it, makes it very easy to integrate and test systems - the process is
referred to as "One- Step Integration" and offers much more flexibility
than a typical star-topology with the OBC (On-Board Computer) in the
middle as the facilitator of all communication.

With CSP, all subsystems are autonomous nodes that can access and command
resources available on the network. Further "virtual subsystems" exists
such as e.g. the system-wide logging service that is a software task on
the OBC with its own network address.

構造の重要な特徴は、CSP (CubeSat Space Protocol) を使用していることです。
- サービス指向のネットワーク・プロトコルが全てのサブシステムに実装されて、
地上局部分への領域のリンクを介して透過的に拡張します。CSP は、オールボー
大学(Aalborg University, Denmark)と GomSpace社と共同で開発され、オープン
ソースとして利用可能です。

CSPによって提供されるこの 「ミッションインターネット」、そしてその背後にあ
る設計哲学は、非常に簡単に統合します。 テストシステム - そのプロセスは、
「ワンステップの統合」 と呼ばれ、全ての通信の利便化として、中間 OBC(オンボ
ードコンピュータ)と共に、典型的な star-topology (訳注 スター・トポロジー、
ネットワーク構成形態の一つ: 中心となる1基のコンピューターに各装置を接続
する) よりもはるかに多くの柔軟性を提供します。

CSPとは、すべてのサブシステムがアクセス可能で、ネットワーク上で入手可能な
情報を制御できる自律ノードです。 さらに、例えば独自のネットワークアドレス
を持つOBC上で動作するソフトウェアタスクのシステム全体のログサービスのよう
な 「バーチャルサブシステム」 が存在します。

http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr884.htm

LQSat successful launch2015年10月07日 14時55分

CSP (Cubesat Space Protocol) #22015年10月08日 13時17分

Cubesat Space Protocol (CSP) is a small network-layer delivery protocol
designed for Cubesats. The idea was developed by a group of students from
Aalborg University (Denmark) in 2008, and further developed for the AAUSAT3
Cubesat mission scheduled for launch in 2011. The protocol is based on a
32-bit header containing both transport and network-layer information.

Its implementation is designed for, but not limited to, embedded systems
such as the 8-bit AVR microprocessor and the 32-bit ARM and AVR from Atmel.
The implementation is written in GNU C and is currently ported to run on
FreeRTOS or POSIX operating systems like Linux and BSD.

The three letter acronym CSP was originally an abbreviation for CAN Space
Protocol because the first MAC-layer driver was written for CAN-bus.
The physical layer has since been extended to include support for e.g.
spacelink, I2C and RS232 interfaces and the name was thus changed to the
more general Cubesat Space Protocol without changing the abbreviation.

The protocol and the implementation is today actively maintained by the
 students at Aalborg University and the spin-off company GomSpace ApS.

Notable features include:

 - Simple API similar to Berkeley sockets.
 - Router core with static routes. Supports transparent forwarding
   of packets over e.g. spacelink.
 - Support for both connectionless operation (similar to UDP), and
   connection oriented operation (RFC 908 and 1151).
 - Service handler that implements ICMP-like requests such as ping
   and buffer status.
 - Support for loopback traffic. This can e.g. be used for Inter-process
   communication between subsystem tasks.
 - Optional Support for broadcast traffic if supported by the physical
   interface.
 - Optional support for promiscuous mode if supported by the physical
   interface.
 - Optional support for encrypted packets with XTEA in CTR mode.
 - Optional support for RFC 2104 authenticated packets with truncated
   HMAC-SHA1. 

The source code includes a MAC layer interface for CAN bus with support
for fragmentation. Drivers are available for the Atmel AT90CAN128,
Atmel AT91SAM7A1 and all hosts supporting the Linux SocketCAN framework,
including the Analog Devices Blackfin DSPs. The CAN interface is easily
extensible with new CPU architectures. 

Cubesat Space Protocol(CSP) は、Cubesats衛星のために設計されたネットワー
ク層配信プロトコルです。 2008年にオールボー大学(Denmark)の学生グループの
アイデアによって開発され、さらに 2011年に打ち上げ予定の AAUSAT-3 Cubesat
ミッションのために開発されました。(訳注.2013年2月25日に打ち上げ成功)

プロトコルは、トランスポンダーとネットワーク層の両方の情報を含む32ビット
のヘッダーに基づいています。 その装置は、Atmel の 8ビットAVRマイクロプロ
セッサー および32ビットARM, AVRのような (これに限定されるものではないが)
システムに組み込むために設計されました。 この装置は、GNU_C言語で書かれて
おり、現在、Linux と BSD のような FreeRTOS や POSIS といったオペレーティ
ングシステム上で実行するように移植されています。

3文字に略される CSP は、もともと最初の MAC層ドライバーが CANパスのために
書かれたため、CAN Space Protocol の略でした。物理層は、spacelink や I2C,
RS-232インターフェイスをサポートするように拡張されたので、省略形の表現を
変えることなく、より一般的な Cubesat Space Protocol に変更されました。

プロトコルとその装置は今日、オールボー大学の学生と spin-off (訳注.特定の
部門を独立させた新企業という意味) のGomSpace ApS社によって、積極的に維持
されています。注目すべき特徴は次のとおりです。

 - バークレーソケット(berkely socket)と同様のシンプルな API
 - スタティックルート(static route)を使用したルーターコア(router core)
   例えば spacelink上の転送パケットの透明化をサポート
 - (UDPと同様の)非接続操作と(RFC-908,1151)接続指向の操作の両方をサポート
 - ping やバッファステータスなど、ICMPのような要求を実装する装置サービス
 - ループバック網(loopback trafic)をサポート。
   これは例えばサブシステムのタスク間の内部処理通信に使用される。
 - 物理インターフェイスによる場合、通信網をオプションでサポート
 - 物理インターフェイスによる場合、雑多(promiscuos)モードを
   オプションでサポート
 - CTRモードの XTEA で、暗号化モードをオプションでサポート
 - HMAC-SHA1 が切断された時の RFC2104パケット認証をオプションでサポート

ソースコードには、断片化をサポートする CANバス用の MAC層インターフェース
を含んでいます。ドライバーは、 Atmel AT90CAN128, Atmel AT91SAM7A1 および
Analog Devices Blackfin DSPs を含む Linux SocketCAN framework をサポート
する全てのホストに対応しています。CANインターフェースは、新しいCPUの構造
に対し容易に拡張することができます。

GomSpace CSP Library
Google Cubesat-Space-Protocol
Alminde_Software_Frameworks.pdf

Fox-1A launch time2015年10月08日 19時55分



AMSAT-NA
NASA TV
My_HP No.871

12:49 UTC (21:49 JST), 8 Oct 2015
United Launch Alliance Atlas V rocket
Vandenberg Air Force Base in California

Sats       Uplink    Downlink           CW        Mode
-------    ------   -----------------   -------   -----------------------
ARC-1         .     2440.000-2450.000   437.565   9600bps 1Mbit,CW
BisonSat      .      437.375               .      9600bps GMSK
Fox-1A     435.180   145.980            145.980   FM CTCSS 67.0Hz,9k6 FSK
-------    ------   -----------------   -------   -----------------------

Fox-1A        435.180MHz Up / 145.980MHz Down, FM CTCSS 67.0Hz, 9600bps FSK
ARC-1         2440.000-2450.000MHz 1Mbit, 437.565MHz 9600bps CW
AC5c/AC7      AeroCube-5c/AeroCube-7, 1.5U x 2
BisonSat      437.375MHz 9600bps GMSK
LMRST-Sat     Low Mass Radio Science Transponder
SNaP-3 ALICE  SMDC Nanosatellite Program, 3U cubesat
SNaP-3 EDDIE  SMDC Nanosatellite Program, 3U cubesat
SNaP-3 JIMI   SMDC Nanosatellite Program, 3U cubesat
PropCube-1    ?
PropCube-3    ?
SINOD-D1      ?
SINOD-D3      ?

Fox-1A successful launch2015年10月08日 21時59分



12:49 UTC (21:49 JST), 8 Oct 2015
United Launch Alliance Atlas V rocket
Vandenberg Air Force Base in California
(C)NASA-TV, edited by JE9PEL/1

   

Fox-1A TLE2015年10月09日 07時59分

BisonSat, Fox-1A の受信報告が多数あります。
ほぼ同じ次の TLE が使われているようです。
GRACE1, GRACE2, GRACE8

http://mstl.atl.calpoly.edu/~ops/grace_tle/GRACE_OPM_TLE.txt
http://www.qsl.net/py4zbz/fox.htm
http://www.amsat.org/tlm/ao85/
http://www.amsat.org/tlm/

AMSAT-NA:
> Thu Oct 8 22:59:28 UTC 2015
> Please do not send test packets to the server.
> It confuses the electrons. Thank you.
> 73, Drew KO4MA

DTUsat-2 frequency finally found2015年10月09日 10時33分

今朝(09:56JST, 9 Oct2015)のパスで、懸案事項だった DTUsat-2, 2.4GHz信号の
送信周波数をやっと追究できました。 9月23日に初受信した時に、初期設定した
無線機の周波数を右手でダイヤルを回しながら信号を捉えた時の感触を再現して
あらかじめ本日はその周波数周辺に設定しておいて、AOS直後から複数回 2.4GHz
信号を受信することができました。自局機器では、2401.848MHz です。この数値
を忘れないように記録して、次回からより確実に受信できるように改善します。

09:56-10:08JST, 9 Oct 2015, Ele 58 SE-E-N, 2401.848MHz CW
この録音ファイルを改めて再生してみると、AOS後の3分以内に 5回のCWを受信で
きていました。下図は 180秒の長さのスパンで再描画したものです。送信間隔が
30秒であることがわかります。上図は今朝、15秒間設定で 3回目の信号をリアル
タイム受信した時のものです。


http://www.dropbox.com/s/zk5qgc3keftpgw9/51009dt2.wav?dl=0

Fox-1A = AO-85 = GRACE22015年10月09日 19時37分

BisonSat, Fox-1A の受信報告が多数あります。
ほぼ同じ次の TLE が使われているようです。
GRACE1, GRACE2, GRACE8

Fox-1A = AO-85 = GRACE2

http://mstl.atl.calpoly.edu/~ops/grace_tle/GRACE_OPM_TLE.txt
http://www.qsl.net/py4zbz/fox.htm
http://www.amsat.org/tlm/ao85/
http://www.amsat.org/tlm/

AMSAT-NA:
> Thu Oct 8 22:59:28 UTC 2015
> Please do not send test packets to the server.
> It confuses the electrons. Thank you.
> 73, Drew KO4MA
>
> Fri Oct 9 09:11:19 UTC 2015
> We will leave the transponder running until about 0000Z 10 Oct.
> Feel free to try it.
> 73, Drew KO4MA

Fox-1A Voice Beacon2015年10月10日 08時12分

PY5LF局は 6年前に自局の我家に来日した局です。AO-51等で交信された局も多く
いることでしょう。PY5LF局HPの上から2枚目の写真に、自局のシャックの様子が
大きく載っています。その彼の座っている場所に今、正に自局が座り記事を毎日
書いています。 ところでこのYouTube動画をみると、アップリンク周波数を逆に
10KHz低くしてアップしているように見えますが、どうなのでしょう。
(ドップラーシフトを考慮して送受信しているので、これで良いのだ。)
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr647.htm
http://www.qrz.com/db/PY5LF

FOX1-A Transponder FM by PY5LF
http://youtu.be/0D4MYNOjRd4

また、もう一つの YouTube動画では、「・・・・ FOX 1」 という女子の Voice Beacon
が聞こえます。ところで、FM, Telemetry, Voice を 同一のダウンリンク周波数
の 145.980MHz にどうやって振り分けているのか疑問に思うところです。

Fox-1A Voice Beacon by E20ZFD
http://youtu.be/rjT2tnX6nDI