PSAT PSK31 Analysis2015年05月25日 21時53分

 PSAT (C)ARRL


本日(2015年5月25日)07:08JST の PSAT_BPSK31信号を、JO1PTD局が綺麗に復調し
ていて、そのうちの 3フレームの mp3音声ファイルを公開しています。自局でも
それを使い MixW でデコードすることができました。ただデコードするだけでは
おもしろくないので、これをさらに解析してみました。
http://yutoribito.cocolog-nifty.com/ham/2015/05/xi-v-1506-1.html
http://yutoribito.cocolog-nifty.com/ham/files/1505242208U_PSAT_2.mp3

チェコ共和国ブルノ工科大学(Brno University of Technology, Ceska Republika)
の解説Webによると、このデコードデータは次にような意味を持っています。
http://www.aprs.org/psat.html
http://www.urel.feec.vutbr.cz/esl/
http://www.urel.feec.vutbr.cz/esl/files/Projects/PSAT/P%20sat%20transponder%20WEB%20spec02.htm

CALL    identification of the beacon (callsign)
beacon  keyword indicating beginning of data
MODE    A or B (A - transmitter always on, 
        B - transmitter turns on, if BPSK31 signal is present)
NOF     number of frame (0 ... 999)
DET     percentage of BPSK31 detection (0 ... 99%)
AGC     percentage of AGC operation (0 ... 99%)
VC      supply voltage (10 mVolts)
IC      power amplifier current (mAmps)
TMP     temperature of PA transistor (deg C)

デコードデータのうちの 1フレームを解析してみると次のようになります。
> W3ADO-5 beacon B 019 09 22 784 250 +8

PSAT衛星コールサイン W3ADO-5 (ちなみに BRICsat は, W3ADO-6)
データの開始を示すキーワード beacon
モード A - 送信機常時ON
       B - BPSK31信号が存在している時、送信機ON (上記データでは, B)
フレームナンバー     019
BPSK31検出の割合      9%
AGC動作の割合        22%
供給電圧           7.84V
電力増幅器電流     250mA
PAトランジスタ温度  +8℃