夜の Meteor-M N2 #12015年01月04日 21時36分

本日(Jan.4)の夜第二パス(20:25JST)を画像化しました。
しかし夜なので モノクロどころか真っ黒。このJPG画像を見ると、ノイズの様子
がわかります。上図では 3本の線がありますが、真ん中の太い線は衛星側で画像
を切り替えている瞬間の様子です。音声としては、ビビビビ…と一瞬聞こえます。
他の細い線は衛星側のノイズです。

FUNcube-1(AO-73) using SDR#(Plugin)2015年01月04日 22時21分

21:49-22:01JST, 4 Jan 2015, Ele 31 S-W-WN, 145.935MHz 1200bps BPSK
標準周波数は 145.935MHz であるが、SDR# Center には 145.934-0.02=145.914MHz
をセット。(実質145.934MHz, PPM=-111, Shift=0, DDE + SatelliteTracker: ON)
試行錯誤の日々。

Meteor-M N2 再考2015年01月05日 17時31分

2015年1月3日朝に自局が受信保存した時の一番最初の段階の IQ.wav ファイルを
次の Dropbox に置きました。これを、Audasity, LrptRx, LRPToffLineDecoder
と順に段階を踏んで変換して、最後に画像化したものを My_HP No.846 の最下段
に紹介しています。最近画像化した中では 最も綺麗な画像に仕上がっています。
Dropbox, IQ file

1月5日付けの JE1CVL局Blog の Dropbox にある IQ.wavファイルでは画像が出て
きませんでした。過去の自局の経験から言って、恐らく137.100MHz中心で正確に
受信できていないものと思います。 少しでも 137.100MHz中心からずれると画像
にならないことは、JA0CAW局からも昨年指摘されていました。そこで、自局では
JH4XSY/1局からいただいた助言に閃き、補正値PPMを 地上APRSを利用して計算で
正確に割り出し、その値(-111)を SDR#-Configure-Frequency correction(ppm)
の欄に設定し、なおかつ SDR#-Spectrum画面の赤線を画面中央にくるようにして
そこを 137.100MHz として、初めて自局は画像化することができました。

なお、SDR#の設定は、Radioモード: WFM, Audio-Samplerate: 96000, Recording
-Sample Format: 8 Bit PCM, Check: Baseband  としています。通常は、6~7分
の受信時間で、せいぜい 60MB~80MB の IQファイルサイズで、Audasity: 130k
に変換後は多少ファイルサイズは大きくなりますが、それでも充分綺麗な画像が
得られます。上記 Dropbox の IQファイルはいつもより大きい方で、10分110MB
です。これを基に、Audasity, LrptRx, LRPToffLineDecoder としてみて下さい。

DESPATCH now2015年01月05日 18時44分

13323279575m だから、えっと 1332万km かな? 真っ暗で冷たい宇宙の中にいる。
175年後(350年後) に地球の近くに戻ってくる頃、人類は進化しているかなー?

Falcon 9R / AggieSat-4, Bevo-2, SERPENS2015年01月05日 22時25分

明日(6Jan2015, 20:20JST)、Cape Canaveral から上記衛星が打ち上げられます。
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr855.htm
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/falconsa.htm
(C)NASA, SPACEFLIGHT Now


(C)SpaceX

Satellite        Downlink          Beacon      Mode
------------     -----------       -------     --------------
AggieSat-4       436.250              .        9600bps FSK
Bevo-2           437.325              .        38k4bps FSK,CW
SERPENS          145.980/437.365      .        1k2AFSK,9k6FSK
------------     -----------       -------     --------------

朝の Meteor-M N2 #12015年01月06日 09時30分

今朝(08:26JST) の Meteor-M N2 仰角37度の画像です。
太平洋上が綺麗に取れていますが、場所は特定できません。

朝の Meteor-M N2 #22015年01月06日 10時38分

場所が特定できました。

朝の Meteor-M N2 #32015年01月06日 14時00分

Smooth Meteor

Meteor-M N2 を解析したファイルは縦長なので、今まで画像編集ソフトを駆使
して横縦の縮尺を変えたりしながら試行錯誤していたところ、JE1CVL局Blogで、
"Smooth Meteor" という言葉を見つけました。どこにでも既に考えている局が
いるのですね。検索してみると、"smoothmet.exe" という Meteor-M 画像補正
ソフトが UKサイトにありました。さっそく今朝受信解析したばかりのJPG画像
を補正してみると、上図のように自然な画像が得られました。このソフトには
どのようなアルゴリズムが使われているのか、興味のあるところです。
Smooth Meteor, smoothmet.exe(Ver0.06)

Smooth Meteor2015年01月06日 17時09分

Smooth Meteorソフトの HP から得られる最新の Ver 1.101 では、編集ボタンの
"Save rectified JPG, BMP" のボタンが現れません。理由不明。 Ver 0.06 では
最初、Fileボタンに隠れグレーになっていますが、画像ファイルを開くと、この
ボタンが有効になります。 上図は、1月3日に得られた Meteor-M N2 の標準画像
を Smooth Meteor Ver 0.06 で縮尺補正したものです。
Smooth Meteor, smoothmet.exe(Ver0.06)

※コメント欄にスパムが来るようになったので、コメントを
 しばらく閉鎖します。急用の時にはメールでお願いします。

Falcon 9 Launch Live2015年01月06日 18時37分

打ち上げ Live Stream が始まりそう。
直前に打ち上げ延期。次回は 1月10日(土)。
http://spaceflightnow.com/2015/01/05/spacex-5-mission-status-center/