New-Sats TLE2014年04月20日 08時34分

現在、NORAD と Calpoly の 二ヶ所から最新軌道要素を入手することができます。
比較してみると、どちらも飛来時刻はほぼ同一時刻になるように修正されました。
仰角に若干差異がある程度です。

http://www.celestrak.com/NORAD/elements/tle-new.txt
http://mstl.atl.calpoly.edu/~ops/keps/kepler.txt

LitSat-1 telemetry2014年04月20日 19時24分

19:12-19:20JST, 20 Apr 2014, Ele 10 WN-E-ES, 145.845MHz 9600bps FSK

OPUSAT Decoder using Agw_Online_Kiss2014年04月20日 21時32分

「G3RUH_sm Ver0.16b + Agw_Online_Kiss Ver2.4.4 + OPUSAT Decoder Ver.5」 の
流れで、OPUSAT 9600bps信号をデコードできることを確認しました。ポイントは
JA0CAW局Blog で述べられているように、PC の言語設定を「英語」にすることで
す。FUNcube-1 Dashboard の時と同じ理由で、こうすることで Agw_Online_Kiss
が正しく表示動作し、G3RUH_sm から OPUSAT Decoder まで 信号が流れるという
わけです。(Agw_Online_Kiss Ver2.1.1 では、OPUSAT Decoder でデコード不可)
今まで衛星受信の他の場面で苦労したことも、この「英語」設定で解決したのか
もしれません。しかし、Calsat32等いくつかの日本語ソフトが起動しなくなるの
は難点です。うまく同居できる方法はないのかと模索しています。

 [補足. 英語仕様にする方法(要自己責任)]
  Windows XP の場合、
  コントロールパネル → 地域と言語のオプション → 詳細設定
         → Unicode対応でないプログラムの言語 → 英語(米国) → PC再起動

  Windows 7 の場合、
  コントロールパネル → 地域と言語 → 管理
         → Unicode対応でないプログラムの言語 → システムロケールの変更
         → 英語(米国) → PC再起動