OPUSAT Decoder Update Ver.42014年04月17日 07時04分

MixW と、リアルタイムで連動してデコードするようにアップデートされたこと
が JA0CAW局Blog で報告されています。それを、自局でも成功確認をしました。
Soundmodem でも実験しましたが、どうもうまくいきません。Soundmodem では、
AGWPE Serial Loopback を挟むと、OPUSATPD での Countup だけはできました。

  

※ Satellites Number の件、ほぼ解明しました。本日夜に改めて報告します。

Re: Satellites Number2014年04月17日 18時50分

衛星ナンバーが全て確認できました。非アマチュア衛星もありますが、注釈も含め
次のように改訂します。 NEE-01, 02 の周波数は、管制局に直接確認しました。
SOMP は、39134 が間違いなく使われています。

I was able to confirm the catarog number of the following satellites.
I will revise them as follows including the comments.
I confirmed to the ground station directly about the frequency of NEE-01 and 02.
We use definitely #39134 for SOMP.

LAPAN-TUBSAT       29709   Transmitting signal
PO-63(PehuenSat)   29712
LARES              38077
ALMASAT-1          38078
E-ST@R             38079
GOLIAT             38080   Corrected
MASAT-1(MO-72)     38081
XATCOBEO           38082
PW-SAT             38083
ROBUSTA            38084   Corrected
UNICUBESAT         38085   Corrected
SOMP               39134   Confirmed by DK3WN and the other operators
BEESAT-3           39135   Inactive
BEESAT-2           39136   Only active on request over Europe (from Svalbard and Berlin)
NEE-01 Pegaso      39151   Central frequency is 910.000MHz and the bandwidth is 25MHz
NEE-02 Krysaor     39441   Central frequency is 980.000MHz and the bandwidth is 25MHz
SKYCUBE            39567   Corrected, Weak signal due to problems with solar panels
ARDUSAT-2          39570   Corrected