wewish.exe test2012年10月30日 20時16分

コマンドはどう付けるべきか等、いろいろ難しく考えてしまって、なかなか先に
進まなかったのですが、実は簡単なことでした。何もコマンドは付けずに、ただ
受信態勢を取るだけでよかったのでした。このソフトは、近々、一般公開される
予定になっています。詳細は後ほど...   Tnx.DK3WN

WE_WISH HKデータ解析方法2012年10月30日 21時36分

WE_WISH は現在、変則的なCW音の直後に HKデータが規則的に一瞬流れています。
先日まで赤外線画像SSTVデータが流れていましたが、現在は流れておらず、管制
局により復旧作業が行われています。 この HKデータを解析するためのソフトが
DK3WN局により開発されました。まだ 実験途上のため一般公開は後になる予定で
すが、ここで先行して紹介します。衛星からの HK信号は 16秒毎に送られてきま
すので、いったん信号を録音しておいて、必要な部分を編集(カット)して再生を
するとよいかもしれません。その方法をここで紹介します。(画像クリック拡大)

 1. 管制局による PDFファイルから抜粋。
    

 2. 衛星FM信号を直に受信することが難しい場合、ST2NH局が受信録音した音声
    ファイルが公開されているので、それをダウンロード。 編集.mp3ファイル
    でも十分デコード可能。元の.wavファイル所望の場合は JE9PELまで要連絡。
    http://st2nh-blogger.blogspot.jp/2012/10/we-wish-packet-frames.html
    http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/wewish_hk_20121029_st2nh.mp3

 3. 事前にコントロールパネルのサウンド設定を変更。(次図は Windows XP)
    

 4. 音声再生準備。(Windows Media Player 等)
    

 5. "wewish.exe" を起動。音声再生すると、DOS画面上に自動的にデコード。
    

 6. 同フォルダに自動生成される HEXファイルを開き、コピー。
    

 7. "wewish_data.exe" を開き、窓に貼り付けてデータ解析完了。Tnx.> ALL