Doppler Shift2012年10月21日 08時19分

5.84GHz の受信ドップラーシフトがどのくらい大きいのか、ちょっと計算をして
みました。その受信周波数の変化(増↓減)は次のようになります。

  AOS  5840.120  2401.554  1280.027  435.159  145.828
       5840.060  2401.530  1280.015  435.155  145.827
  TCA  5840.000  2401.500  1280.000  435.150  145.825
       5839.940  2401.470  1279.685  435.145  145.823
  LOS  5839.880  2401.446  1279.673  435.141  145.822

        145帯 ... +-   3kHz
        430帯 ... +-   9kHz
       1200帯 ... +-  27kHz
       2400帯 ... +-  54kHz
       5800帯 ... +- 120kHz

これを IF で周波数変換した場合、小数点以下は同じ変化の数値を表示します。
例えば、AO-40 の基準周波数は 2401.323 でしたが、これを Drake-2880 で変換
して、IF を 145.323 に合わせた場合 (2400.000 → 144.000)、受信ドップラー
シフトは次のようになります。当時、実際次のように変化していました。(+-54)

       AOS  2401.377 → 145.377
       TCA  2401.323 → 145.323
       LOS  2401.269 → 145.269

今、5840.000 → 1284.000 に IF周波数変換した場合、受信周波数は次のように
変化するはずです。これは JA0CAW局が実際に観測した結果のとおりです。(+-120)

       AOS  5840.120 → 1284.120
       TCA  5840.000 → 1284.000
       LOS  5839.880 → 1283.880

 ja0caw_5840

FITSAT/WE_WISH2012年10月21日 10時15分

次の管制局の記事を見ると、FITSAT の 5.84GHzビームは常に磁北を向いている
ので、5.84GHzの実験は、衛星が南を通過するパスの時に行われるようです。

[amsat-bb] Re: FITSAT 5.84GHz received
From: Takushi Tanaka
Date: Sat, 20 Oct 2012 20:10:09 +0900

These days, we are testing 5.8GHz without plan to learn their
characteristics. We will make the plan until the end of this month.
Please receive the 5.8GHz signal. We will find the orbit which
passes over the south of your town. The 5.8GHz beam always turns
to the magnetic north. 

73 Takushi, JA6AVG

WE_WISH 磁界グラフ (C)DK3WN

SDR# Update2012年10月21日 18時50分

SDR# Dev (sdr-nightly.zip) を、v1.0.0.953 に再インストールしました。
改善点はよくわかりませんが、録音機能は以前のバージョンにはあったかなー?
上図には写っていませんが、起動画面の左下に 「Recording」 の項目があります。
録音実験をしてみましたが、保存.wavファイルを開くことができませんでした。
Windows XP ではダメなのかな? (追試お願いします。) 以前は、いったんソフト
を閉じて再立ち上げすると入力した設定が消えて初期状態に戻っていたのですが
このバージョンでは次の立ち上げ時にも設定が生きるようになりました。しかし
Audio欄の 「Input」 だけは入力し直さなければなりません。
http://www.sdrsharp.com/

CO-65 Digi/ON2012年10月21日 20時43分

20:26-20:38JST, 21 Oct 2012, Ele 52 SE-E-N, 1267.600/437.475

First picture from NIWAKA by 5.8GHz2012年10月21日 20時55分

5.84GHz による初受信画像です。ISS のパネルが写っています。



GS says to AMSAT-DL as follows.

> I appreciate your offer of 20m dish.
> The exact frequency is 5840.000 MHz.
> 
> The RF signal is modulated with FSK of 115.2kbps digital picture data.
> Frequency sift is +,- 50kHz, but the spectrum spread over 300kHz.
> As we use a simple FSK, FM detector directly generates the signal for
> serial-port(RS232C) of PC. The discriminator of FM-radio (IF=10.7MHz)
> may be available by removing de-emphasis circuit.
> 
> A jpeg-picture data are sent by packets. Each packet consists
> of 128 byte:
> 
> packet-ID  data-size  picture-data  verify
> (2 byte)   (2 byte)   (122 byte)    (2 byte)
> 
> Namely, the first 4 bytes and the last 2 bytes do not consist the
> photo data. Data-size of all packets except the last is 122(=7A hex).
> 
> A jpeg-picture data starts with "FFD8" and ends with "FFD9".
> The jpeg picture is made by connecting the data part of each packet by
> removing the first 4 byte and the last 2 byte.
> 
> 20 VGA-pictures are sent at a time. Each picture is sent around 4-6 sec.
> There is 8 msec interval between packets. and 5 sec interval between 
> pictures. 
> 
> Please find the block diagrams and circuit schematics in my web-page:
> http://www.fit.ac.jp/~tanaka/