MaSat-1 telemetry2012年05月26日 07時00分

6:45-6:57JST, 26 May 2012, Ele 8 SE-E-EN, 437.345MHz USB

Microsat to deploy from UniSat-52012年05月26日 08時10分

2012年10月に DNEPRロケットによりヨーロッパ各国の小型衛星が打ち上げられる
予定です。以下に詳細を調べ上げました。(QB-Scout, Wren 詳細不明)

BRITE-PL1,  Space Research Centre Polish Academy of Sciences, Poland
            437.xxxMHz, 2.2GHz

CubeBug-1,  Ministry of Science, Technology & Productive Innovation, Argentina
            437.445MHz, 9600bps GMSK

Delfi-n3Xt, Delft University of Technology, Netherlands
            uplink   435.530-435.570MHz
            downlink 145.880-145.920MHz
            telemetry and beacons 145.870/145.930MHz, 2405.000MHz

Eagle-1,    Morehead State University, USA
            437.465MHz, 9600bps GFSK AX.25

Eagle-2,    Morehead State University, USA
            437.505MHz, 9600bps GFSK AX.25

E-Star-2,   Politenco di Torino, Italy
            437.485MHz, 1200bps AFSK CW

FUNcube-1,  AMSAT-NL, Netherlands
            uplink   435.150-435.130MHz (Inverting)
            downlink 145.950-145.970MHz
            beacon   145.935MHz BPSK

GOMX-1,     GomSpace Aps, Denmark
            UHF 1k2/2k4/4k8/9k6 GMSK

PUCP-SAT-1, Pontifical Catholic University, Peru
            Pontificia Universidad Catolica del Peru

QB-Scout-1, 

Triton-1,   ISIS-BV (Innovative Solutions In Space BV), UK
            downlink 145.815/145.860MHz, 9600bps RC-BPSK

Triton-2,   ISIS-BV (Innovative Solutions In Space BV), UK
            downlink 145.860/145.815MHz, 2408.000MHz, 9600bps RC-BPSK

UniSat-5,   GAUSS (La Sapienza University of Rome), Italy
            UHF 9600bps GMSK AX.25

UWE-3,      University of Wuerzburg, Germany
            437.385MHz, 1200bps FSK CW

Wren,

Horyu-2 FM date2012年05月26日 13時53分

13:23-13:35JST, 26 May 2012, Ele 31 S-W-WN
サーバー管理ソフトの Get と Now の表示は、打ち上げ日からの経過日時です。

Horyu-2 Schedule2012年05月26日 16時54分

Horyu-2 CW & FM データ解析2012年05月26日 21時43分

(英語版↑)
Horyu-2 の記事を My_HP に整理しました。下記英文は、実際に英語版の Decoder
をインストールして、その流れを確認し翻訳しました。(Tnx.>JA6PL)

Horyu-2 CW & FM データ解析 (Wrote by JA6PL)

CW と FM(パケット) の解析手順が違うため、よく出る質問があります。CWでは、
データ入力後、「九州工業大学にデータを送信しますか?」 が出て、「OK」 を押し
ます。そこで 「データベース表示」をクリックすると、 「サーバ管理ソフト」 が
立ち上がり、「接続テーブル」 の 「cw_data」 が開き、0行 から順にデータが確認
できます。

FMでは、「取得開始」 をクリックして パケット信号を待ちます。ダウンロードと
ともに、画面にデコード結果が表示されます。受信し終わった後で、「解析開始」
をクリックすると解析が始まります。その後、「センサデータ解析開始86バイト」
「解析完了! table_sector5 パケットNO:55」 などと表示して止まります。

「データ送るか?」 と聞いてきませんが、既に九州工大のサーバに送られています。
「データベース表示」 をクリックすると、前記の 「cw_data」が開くので、改めて
「table_sector5」 を選択し、「更新」 をクリックします。 次に 「パケットNO:55」
にしたがって、55行目までスクロールすると、データが確認できます。
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr749.htm

Horyu-2 CW & FM data_analysis (Translated by JE9PEL/1)

It is asked me a question well to be different from CW in procedure of
FM packet. Because it is displayed after data entry in CW_Analysis mode
whether "Do you want to send data to KIT(Kyushu Institute of Technology)?",
then press "OK". 

And "Server_Data" software run when you click "Data_Base", and "cw_data"
in "Table_select" opens and you can confirm the data sequentially from
0 lines.

In FM_Analysis mode, click "Reception_Start" and wait for the packet signal
from the satellite. With downloading, the decoded result is displayed in
the window. The analysis begins when you click "Analysis_Start" after the
reception was over. And, for example, it is display "Sensor Data Analysis
86 bytes" and "Analysis is complete! table_sector5 Packet NO:55", etc.,
and the analysis is over.

It is not made pop_up whether "Do you want to send data to KIT", but it has
been already sent to the server of KIT. Because above "cw_data" in "Table_
select" opens when you click "Data_Base", choose "table_sector5" again, and
click "Update". Ex, "Packet NO:55", you can confirm the data when you scroll
in the 55th line.
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/horyu2su.htm