鳳龍弐号 サーバー接続! #12012年05月05日 08時28分

別の古い旧ノートPC で試しに接続実験してみたところ、繋がりました! (上図)
原因はやはり、「Microsoft.NET Framework 2.0」 にありました。この解析ソフト
は 「.NET 2.0」 に関連付けられて作成されています。Windows Vista/7 ではこの
Microsoft.NET は標準装備されているので、意識することなくこの解析ソフトは
管制サーバーに簡単に接続できます。しかし、Windows XP は Microsoft.NET を
手動でインストールしなければならないのです。自局の旧ノートPC では 以前に
Microsoft.NET をインストールしてあったので、管制サーバーに接続できたので
した。では、なぜ自局の新ノート PC では管制サーバーに接続できなかったのか
というと、「.NET 1.0~4.0」 まではインストールしてありましたが、理由は不明
ですが 「.NET 2.0」 のみがインストールできていなかったからです。もう一度、
新ノートPC の 「Microsoft.NET Framework」 の周辺を検討してみます。

鳳龍弐号 サーバー接続! #22012年05月05日 17時28分

「Microsoft.NET Framework」 を、新ノート PC に 何とか 10個インストールした。
これで 旧ノートと同じ環境になったはずだが、これでもまだ、新ノートPC では
Horyu2 Decoder がサーバーに繋がらない。まだ他に原因があるようだ。(右腕痛)

2222222012年05月05日 17時29分

もうすぐアクセス累計カウンター、222222 突破となります。

鳳龍弐号 サーバー接続! #32012年05月05日 20時54分

新ノートPC でも、ついに管制局サーバーに繋がりました! 涙涙涙(感涙)です。
昨日今日の二日間で30時間以上もパソコンの前で作業していたので、体(右腕)を
壊しました。この作業の中で、PC レジストリを操作したり、config ファイルを
移動したりと非常に危険な操作をしているので、他局の皆様は絶対に真似しない
ように願います。(行う場合は自己責任で。) 所々で発生したエラーメッセージ
を読み取り、次のことを行いました。(再度警告,以下は非常に危険な操作です。)

 1. まず、Microsoft.NET に原因があると考え、新PC内の .NET をすべて削除。

 2. 「コントロールパネル→プログラムの追加と削除」 で ほとんどの .NET が
    削除できたが、一部の .NET はシステムエラーで削除できず。そこで、
    「スタート→ファイル名を指定して実行」→「regedit」 として、レジストリ
    エディタを起動。

 3. 編集→検索 で 「Microsoft.NET」 とし、関連する語句をすべて削除。この
    削除作業が意外にも数百箇所も該当があり、ここだけで 2時間も要した。

 4. すべてのバージョンの Microsoft.NET を再インストール。これに丸一日。

 5. Microsoft.NET のインストールの途中で、.NETFramework レジストリの中
    に、InstallRoot がないというエラーメッセージ。インターネットの検索
    で次の項目を発見。そこでレジストリエディタを使って危険な作業を行う。

    (1) Open regedit, 
    (2) Goto HKLM\Software\Microsoft\.NETFramework\ 
    (3) Right-click on the panel and in the menu select New->String Value
    (4) Change its name to "InstallRoot"
    (5) HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\.NETFramework\InstallRoot

 6. 旧PC では、ここまでの作業で HORYU2-Decoder が起動しサーバーに接続が
    できたが新PC ではサーバーに接続せず。他にも原因があると考え策を練る。

 7. 正常動作している旧PC の C:フォルダ直下に、「HORYU2_Setting.config」
    ファイルが自動生成されていたので、それを新PC内 にコピー&貼り付け。
    しかし、それでもまだ新PC はサーバーに繋がらない。

 8. そこで、最後の手段。
    旧PC内の C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\CONFIG
    フォルダ内にある 「machine.config」 を新PC 内にコピー&貼り付け。

 9. この 8. の作業も非常に危険。新PC 内にある 「machine.config」 は削除
    せずに別名でとっておくこと。万が一、Windows OS そのものが起動しな
    くなった場合でも元に戻せるように。 ( 1.~ 9. の操作すべてが危険。)

以上で、新ノートPC でも 「鳳龍弐号 解析プログラム」 が正しく起動し、管制局
サーバーに接続するようになりました。来たる 2012年5月18日(午前1時39分JST)
の打ち上げが是非とも成功するよう祈念しています。