PRISM Radio Service Up/Down 確認2012年04月01日 15時45分

PRISM
13:48-13:59JST, 1 Apr 2012, Ele 19 NE-E-ES
返り信号を確認しました。が、デコードせず。仰角がもう少し高いと、デコード
できる感触は得ました。この wav は、PRISM に情報コマンドを送って、4秒後に
自動的に衛星から返ってきた時の信号音です。
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/20401pri.wav

15:23-15:35JST, 1 Apr 2012, Ele 29 N-W-WS
このパスでは、読出しコマンドによる 4連続パケット音を確認しました。本日の
2回の試験で、アップリンクは良好ですが ダウンリンクはある程度の仰角がない
と難しいかなという印象です。
http://ja6pl.cocolog-nifty.com/blog/files/12040115a_Prism.txt

コメント

_ ja0caw ― 2012年04月01日 14時19分

ID-5です。

_ JE9PEL/1 ― 2012年04月01日 14時27分

メッセージは、ルールどおり 2個しか送っていないはずです。
あとは、ひたすら情報コマンドで ID をリクエストしましたが
デコードできませんでした。ID-5 までの証拠デコード画面を
公開していただけますか?

_ JI1IZR ― 2012年04月01日 15時56分

15時台のパスでは、貴局の戻り信号と思われるものをデコードしました。メッセージの最初が取れなかったのですが、不確かですが。なお、ダウンリンク周波数はかなりずれがあるようです。私も手動で試行錯誤しましたが、+5kHz位上のようです。

_ JE9PEL/1 ― 2012年04月01日 17時33分

登録コマンド数には制約がありますが、情報コマンドおよび読出しコマンド
の送信も、20秒以上時間を空けて確認するなどしたほうがよいようです。

_ ja6pl ― 2012年04月02日 20時32分

PRISMのDWN周波数は、打ち上げ当初+5KHzでしたが、昨年7月に+1.5KHzにしました。CALSAT32設定分
今回は、まだ補正修正やらず、+1.5のままでした。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック