CO-65 初デジピート 20122012年01月03日 21時31分

21:16-21:28JST, 3rd Jan 2012, Ele 52 S-W-WN, 1267.600/437.475, 9k6 FSK

ARISSat-1 Track?2012年01月04日 10時44分

Calsat32 も KSAT も、ARISSat-1 の軌道を追えなくなり、Calsat32 に至っては
ARISSat-1 をクリックすると、軌道計算エラーでソフトそのものが立ち上がらな
くなりました。RealTrack で衛星の位置を確認しながら、衛星が日本上空に来た
頃にアンテナを手動で向けるしかないようです。
※ 計算モデルを SGP8 ではなく、他の設定にすると解決。(by JA6PL)

08:50-08:56JST, 4 Jan 2012, Ele 22 S-SE-E, 145.950MHz FM over Japan
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/20104ar1.mp3

10:22-10:27JST, 4 Jan 2012, Ele 7 W-WN-N, 145.950MHz FM over Japan
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/20104ar2.mp3

ARISSat-1 Re-entry!2012年01月04日 17時02分

16:30-16:36JST, 4 Jan 2012, Ele 53 WN-E-ES, 145.950MHz FM over Japan
ついに、このパスでは無音でした。 2012年1月4日午後15時(JST)過ぎに大気圏に
再突入し、機能停止した模様です。

ARISSat-1 最終公式報告 [AMSAT-NA]2012年01月05日 09時41分

(C)AMSAT-NA

ARISSat-1 総括 [AMSAT-UK]2012年01月05日 10時47分

各局の CallSign が見えます。
http://www.uk.amsat.org/2012/01/04/arissat-1-sk/

TSUBAME 開発情報2012年01月05日 21時24分

東京工業大学 次期衛星『TSUBAME』開発情報

50kg級の地球・天体観測衛星。宇宙開闢の謎に関わる突発的なガンマ線バースト
現象の観測 (ガンマ線検出器・X線偏光検出器:河合研)、可視光カメラを用いた
地球観測 (小型光学カメラ:木村研) を実施するためのコントロールモーメント
ジャイロ(CMG) を用いた高速度姿勢変更と高精度指向制御の両立を図る、超小型
衛星の開発を目指している。2012年12月打ち上げ予定。

http://lss.mes.titech.ac.jp/ssp/tsubame/index.html
http://lss.mes.titech.ac.jp/ssp/tsubame/index_e.html
http://www.hp.phys.titech.ac.jp/toizumi/Tsubame/Tsubame.html
http://www.isas.jaxa.jp/ISASnews/No.365/ISASnews365.pdf
http://www.astro-wakate.org/ss2010/ss10_proceeding/proceeding/instrument_14b.pdf
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaihatu/space/urishitsu/detail/1291372.htm
http://www.amsatuk.me.uk/iaru/finished_detail.php?serialnum=162

Supporting Organisation: Laboratory for Space Systems,
                         Tokyo Institute of Technology
Contact Person  matunaga.saburo

Headline Details: TSUBAME is a 30kg class microsat planned for LEO to be
launched from Japan 2012. It's the fourth satellite development project
undertaken within the Laboratory for Space Systems at Tokyo Institute of
Technology. TSUBAME demonstrates a satellite platform that can be used for a
variety of engineering and scientific missions. The missions are as follows;

 1. Demonstration of satellite bus technology for 30kg-class microsatellite
    and verification of COTS components such as micro-processors, memory and
    Li-ion batteries in the space environment

 2. Verification of Control Moment Gyros developed by the Laboratory for
    Space Systems

 3. Demonstration of high-speed attitude manoeuvres technology using Control
    Moment Gyros. Some sensor data acquisition experiments will be conducted
    at the same time in order to demonstrate applications of CMGs.

 4. Demonstration of SRLL communication protocol developed by Tokyo Institute
    of Technology and high-speed GMSK data downlink

 5. Data collection experiment through internet with the aid of radio amateurs
    all over the world Proposing to use VHF for telecommand and UHF for
    telemetry downlink and a CW beacon. CW Beacon coordinated on 437.250MHz
    and AX25 Telemetry on 437.505MHZ

ARISSat-1 50km2012年01月06日 00時37分

高度 50km を切りました。というより、もう既に燃え尽きて星になってしまって
いるのでしょうか。最後まで見届けたいと思います。

ARISSat-1 decay!2012年01月06日 15時58分

マイナス高度になり、ARISSat-1 は完全に消滅しました。

FO-29 Analog Sat status2012年01月06日 16時42分

1月3日の管制局による再コマンド以降、現段階まで FO-29 は安定して ON継続中
です。ここまでの運用確認は、管制局HPに詳細にまとめられており、今後の運用
計画については、さらに状況をモニターした上で管制局から発表される予定です。
これを受けて、My_HP 「FO-29 復旧への道のり」 と 「アナログ衛星の特徴と現状」
の記事を、現状に合うよう一部加筆しました。参考まで。

http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr727.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr730.htm
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/analogsa.htm
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/fo29rcvr.htm

CO-65 Digi,MsgBox 1月運用予定(修正版)2012年01月06日 17時00分

日付時刻(JST)運用予定
1/ 7(土)09:58 ~ MsgBox
1/ 8(日)10:16 ~ Digipeater
1/ 9(月)08:26 ~ Digipeater
1/14(土)10:26 ~ Digipeater
1/15(日)09:07 ~ Digipeater
1/21(土)09:16 ~ Digipeater
1/22(日)09:33 ~ MsgBox
1/28(土)09:42 ~ MsgBox
1/29(日)10:00 ~ MsgBox
SRLL不定期運用(事前連絡)