ISS Shadow-Beacon experiment postponed2011年12月04日 10時19分

ISSシャドウ・ビーコン実験に登録し、自局もやっと実験参加することになったと
思っていたところ、この実験は来年春以降に(無期限)延期となってしまいました。
新しい無線機が ISSに搭載される予定ということなので、それに期待しましょう。

This weekend's Plasma Thrust space experiment using Amateur Radio has been
postponed until after the delivery of a new rig next April.

On the AMSAT bulletin board Andy G0SFJ passes on the following information:

It was earlier announced that the timetable of SpEx "Shadow-beacon" sessions
on November 26-27, 2011 was reduced because the crew are newcomers and need
more time to gain experience. For the same reason previously announced
sessions on December 2-5, 2011 are cancelled.

Sergey Samburov RV3DR, the employee of space-rocket corporation "Energia"
who is responsible for amateur radio on ISS, explains that the onboard radio
was accidentally switched on standard simplex 145.825 MHz not the required
duplex 144.360 / 145.825 MHz digipeater mode because of the old age of the
onboard gear. It has been in use more than 10 years. Sometimes Sergey has
already observed malfunction like this.

A new radio is planned to be delivered to the ISS by cargo vehicle in April
and Mission Control Center (TsUP) plans to hold new SpEx "Shadow-beacon"
sessions in May-June 2012.

Again many thanks for those submitted reports and made other assistance!
The results of data processing will be presented on our site. We wait for
further cooperation!
http://knts.tsniimash.ru/Shadow/en/

Amateur Radio assistance requested: ISS Plasma Thrust Shadow Experiment
http://www.southgatearc.org/news/november2011/amateur_radio_assistance_requested.htm

Mt. Fuji2011年12月04日 21時23分

大雨の翌日は、富士山が快晴の青空に良く映える。
2011年12月4日 早朝撮影 (自宅から)

WRPlus setup2011年12月04日 23時27分

AGWPE/UISS 解説2011年12月05日 17時27分

デジタル衛星通信を試みている全ての局は UISS を使用していると言っても過言
ではないと思いますが、この UISS を起動するには、直前に、AGWPE を起動する
必要があります。 つまり、「UISS は AGWPE とセットで動作するソフトである。」
と言えます。使い方については、次のサイトにわかりやすく解説されています。

AGWPE 解説
http://www.soundcardpacket.com/2agwget.htm

UISS 解説
http://users.belgacom.net/hamradio/uisslinks.htm

UISS 設定方法
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr554.htm

FUNcube Dongle 詳細2011年12月05日 20時12分

My_HP ..... No. 697, 698, 699, 700

Planet, Kepler-22b2011年12月06日 21時30分

(C)NASA
地球から600光年離れた「ケプラー22b」と呼ばれる惑星が、NASA により発見され
ました。地球の直径の 2.4倍、気温は 22℃前後ということです。水・空気が存在
するかどうかわかりませんが、生命の存在の可能性があるということです。
http://www.nasa.gov/mission_pages/kepler/news/kepscicon-briefing.html

AX.25 Protocol2011年12月07日 20時23分

普段、無意識に使っているパケット通信「AX.25 Protocol」ですが、改めてこの
プロトコルがどういうものか知ろうとすると、大変な思いをします。次の仕様書
は、143ページもある大部な PDF ファイルです。読み進むのはちょっと無理か?
http://www.tapr.org/pdf/AX25.2.2.pdf

M-Cubed Docked to E1-P?2011年12月07日 20時43分

さて、このドップラー図をどのように解釈すべきか?

December 6th, 2011

What was initially just a "thinking outside the cube" theory has now become
much more of a reality. When we first started diagnosing why M-Cubed was so
quiet and why we weren't receiving beacons at expected intervals, we threw
out the idea that perhaps it was stuck to Explorer 1-Prime. After studying
the Doppler shifts of both satellites, we have concluded the consistent
correspondance between the two sats is far more than a coincidence. Also,
NORAD has not picked up any further satellites between the two objects we
believe are M-Cubed and E1-P.

The image above shows exactly how close M-Cubed and E1-P's Doppler's match up.
The spectogram below shows that E1-P may actually be amplifying and mirroring
M-Cubed's signal.

A special thanks to Mike Rupprecht (DK3DWN) and Tetsu san (JA0CAW) for their
continued work tracking M-Cubed around the world! Currently, the team is
investigating the feasibility of how this may of happened and planning the
next steps of operation.

http://www-personal.umich.edu/~mjregan/MCubed/Pages/News.html

ISS digipeat2011年12月08日 21時13分

20:51-21:01JST, 8 Dec 2011, Ele 68 WS-S-EN, 145.825MHz

アナログ衛星の特徴と現状2011年12月08日 21時40分

ここはデジタル衛星中心のブログですが、たまにはアナログ衛星通信についても
述べたいと思います。先日、JE1CVL局からアナログ衛星についてご教示をいただ
きました。ここに、各衛星の特徴と現状を、衛星通信がしやすいと思われる順に
まとめてみます。(>Tnx. JE1CVL)

SO-50 ... Up 145.850MHz / Down 436.795MHz
FM Up周波数に 67.0Hz の TONE を重畳して運用する。 ただし、パスによっては
トランスポンダー OFF のまま AOS して来るので、その時は 74.4Hz の TONE を
重畳した信号を送って ON にする必要がある。この TONE の切り替えを熟知して
おくと良い。時々周波数ずれを起こす場合があるが、その時は送信固定から衛星
固定に切り替えて送信周波数を変化させたりして対応する。また比較的長い間隔
の QSB があるが、これは衛星のスピンによるものなので、たとえ 信号強度が下
がっても、しばらく経つと回復する。

AO-27 ... Up 145.850MHz / Down 436.795MHz
運用スケジュールが管理されていて、北半球の日照時に ON になるように設定さ
れている。したがって夜間は使えない。JA の場合、AOS して来て しばらく経っ
てから Beacon(Telemetry) を 20秒間送出した後、FMトランスポンダーが ON に
なる。そして、LOS に近づくと、また Beacon が 1分間出て、まだ見えていても
中継器は OFF となる。Up / Down周波数ともに地上波の混信が多く、がさついた
感じではあるが十分使用できる。

VO-52 ... Up 435.225-275MHz / Down 145.875-925MHz (Inverting)
SSB・CWリニアトランスポンダーの衛星で、比較的安定している。FM衛星と違い、
ループの採り方が難しい。すなわち、Up は出来ているのに「自分の Down信号が
なかなか見つけられない」これがループが採れていない状態で、慣れている局は
手動でもループを上手に採りながら運用しているが、慣れないと意外と難しい。

AO-7 ... Up 145.850-950MHz / Down 29.400-500MHz (Non-Inverting)
日本では上記周波数の Aモードのみ運用出来る。AモードとBモードは一日おきに
切り替わっている。Up, Downとも USB で運用、CW も使えるリニアトランスポン
ダーの衛星で、送信は 145MHz帯であるが、受信が 29MHz帯なので、約5m のアン
テナエレメントを設置しなければならず、移動運用にはあまり向かない。しかし
日本国内でこの衛星を使って移動運用している局もいるので、不可能ではない。