AO-6, AO-7,VO-52 衛星間通信2011年12月28日 13時34分

1975年頃に「衛星-衛星間通信」が、AO-7⇔AO-6 間で行われました。調査資料は
「ARRL Satellite Handbook」1970年代後半の記事と、JAMSAT発行 「Newsletter」
の記事です。「JAMSAT Newsletter(1976年1月25日発行)」の記事に、このことが
書かれています。 AO-7, AO-6 の Uplink周波数と Downlink周波数を見ると理解
ができます。つまり、432⇒145⇒29 の「衛星-衛星間通信」が成功しています。
http://www.ka9q.net/newsletters.html

                        Up            Dw       Mode
 AO-8  (Phase-2D)  145.850-900    29.400-500  SSB,CW
 AO-8  (Phase-2D)  145.900-999   435.200-100  SSB,CW
 AO-7  (Phase-2B)  145.850-950    29.400-500  A
 AO-7  (Phase-2B)  432.125-175   145.975-925  B,C
 AO-6  (Phase-2A)  145.900-999    29.450-550  SSB,CW

これと同じことが 36年後の今、VO-52 & AO-7 との二衛星間でできることが考え
られます。

 VO-52 (Hamsat)    435.225-275   145.925-875  SSB,CW
 AO-7  (Phase-2B)  145.850-950    29.400-500  A

つまり、VO-52⇔AO-7 の 435⇒145⇒29 二衛星間通信ができる可能性があります。

Jugnu, SRMSAT2011年12月28日 19時48分

2ヶ月前の 10月12日に打ち上げられたインドの衛星、Jugnu, SRMSAT をきちんと
取ってみました。両衛星の HP に更新はなく、現況がわかりませんが、CW信号は
変化なく送信しています。SRMSAT CW の解析方法とデコーダーは公開されていま
すが、JUGNU CW はメールの返信もなく、解析方法は公開されていません。
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr719.htm

Jugnu, 18:18-18:31JST, 28 Dec 2011, Ele 13 WS-S-SE, 437.2759MHz CW
JUGNUMPPPDBILJAATGAAAAAZXYAAAEGAZR
JUGNUMPPPDBJLJAATGAAAAAZXYAAAFGAZS
JUGNUMPPPDBLLJAATGAAAAAZXYAAAFGAZO
JUGNUMPPPDBMLJAATGAAAAAZXYAAAGGAZO
JUGNUMPPPDBAMJAATGAAAAAZXYAAAFGAZT
JUGNUMPPPDBBMJAATGAAAAAZXYAAAEGAZS
JUGNUMPPPDBFMJAATGAAAAAZXYAAACGAZQ
JUGNUMPPPDBGMJAATGAAAAAZXYAAAGGAZW
JUGNUMPPPDBIMJAATGAAAAAZXYAAAGGAZW
JUGNUMPPPDBJMJAATGAAAAAZXYAAAGGAZU

SRMSAT, 19:09-19:22JST, 28 Dec 2011, Ele 15 WS-S-SE, 437.425MHz CW
SRMVUCZZPPC
SRMVUCZZPPC
SRMVUCZZPPC
SRMVUCZZPPC
SRMVUCZZPPC