AubieSat-1 etc. KEPS予想2011年11月01日 18時49分

大胆に予想してみると(根拠あり)、

E1P-U2     #37852  OBJECT D
AubieSat-1 #37853  OBJECT E
RAX-2      #37854  OBJECT F
M-Cubed    #37855  OBJECT G

M-Cubed Beacon Decoding Software2011年11月01日 20時07分

各局が M-Cubed 9k6信号のデコードを試みていますが、信号強度が弱くなかなか
デコードに至っていません。いずれ、EMEer により信号が捕捉される時に備えて
『M-Cubed Beacon Decoding Software』をインストールしてみました。その方法
は My_HP No.686 に記載の『RAX Beacon Decoding Software インストール方法』
と全く同じです。この解説中の「RAX_GSフォルダ」を 「mcubed_public_gs_dist
フォルダ」に読み換えてその手順どおりに実行していきます。起動画面は上図の
とおりです。RAX1, 2 の時とインストール方法が同じなら、起動画面の見た目も
そっくりです。それは同じなはずです。RAX1, 2 も M-Cubed も どちらも米国の
ミシガン大学の衛星だからです。兄弟衛星というよりも、三つ子衛星ですね。

E1P Data Submissions2011年11月01日 20時36分

管制局から『E1P Data Submissions』のための Username, Password を入手して
いざ、HP の「Submit-Data」をクリックすると、ドキッとする警告メッセージが
最初に表示されます。「パスワードを記憶する」というボタンをここで覚悟して
押すと、次回からはこのドキッとする警告メッセージは表示されなくなります。

SEEDS-II CW analysis2011年11月01日 23時13分

21:54-22:05JST, 1 Nov 2011, Ele 19 SW-W-WN

Satellite Time: 309135851.5 sec   [3577d 23:04:12]
------------------------------------------------------------------------
JQ1YGU SEEDS G4
24DA13D7D22FFE0060070070000070059FCA04A0B000110003000200040004F14F164030

Li-Ion Batt Voltage   : 4.10 V
Bus Voltage           : 5.00 V
Solar Cell 1 Current  : 0.67 mA
Solar Cell 2 Current  : 0.78 mA
Solar Cell 3 Current  : 0.78 mA
Solar Cell 4 Current  : 0.00 mA
Solar Cell 5 Current  : 0.78 mA
Solar Cell 6 Current  : 0.55 mA
Li-Ion Battery 1      : 7.72 -C
Li-Ion Battery 2      : 7.27 -C
Transmitter           : 4.18 -C
Receiver              : 126.89 -C
CW Intervall          : 3
Command Status        : 64
Switch                : 1 (ON)
Battery               : 3 (forced no-charge mode, Batt Voltage > 4.2 Volts)
Shunt Circuit         : 0 (no shunt circuit active, auto shunt mode)
MPU reset (EPS)       : 3
MPU reset (FMR)       : 2
MPR Reset (C+DH)      : 4
MPU Reset (CW)        : 4
CW transmission       : 61775
Uplink Count          : 22