ボイジャー(Voyager) 12011年07月01日 19時47分

1977年9月5日に打ち上げられた惑星探査機 Voyager 1 は、2011年現在も深宇宙を
飛翔しており、次の NASAページでは現在位置が時々刻々と表示され続けています。
http://voyager.jpl.nasa.gov/ 1AU(天文単位)は約1.5億kmですから、116(AU)は
ちょっと想像がつかない遠いところを飛んでいます。電卓計算すると、Voyager 1
から地球に信号が届くまでには 16時間以上かかることになります。そう考えると
電波(光)の進む速さは速いですね。

Voyager 1 が地球を出発したのは 1977年9月5日08:56EDT(=t0) で、木星に最接近
したのは 1979年3月5日(=t1)です。ユリウス日で表すと それぞれ t0=2443392JD,
t1=2443938JD です。時刻t0, t1 における地球と木星のそれぞれの位置(平均黄経)
は λe(t0)=344.80°, λj(t1)=122.28°ということです。なぜこのような計算
結果になるのか疑問に思ったので調べてみましたが、サイトには載っていません。
当時の論文から探そうと、科学論文データベースとして有名な ハーバード大学の
http://www.adsabs.harvard.edu/ で検索していますが見当たりません。

書籍「天文年鑑」 には、地球以外の惑星の平均黄経を算出する計算式が載っていて
木星については ほぼ λj(t1)=122.28°に近い値は計算できるのですが、地球に
ついては計算式が載っていません。このあたりのことがわかる方はおられますか?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック