APRS SSET and MIC-E via ISS2011年06月05日 07時28分

今朝(6/5, 06:30JST, 2011)の ISS は快調だったので、パスの後半で APRS SSET
と MIC-E のテストを行なってみました。両方とも実験成功です。 APRS SSET に
ついては、まず ISS に『:EMAIL    :ei7m-wkt@asahi-net.or.jp /SatSE Test』
のような書式でアップリンクします。スラッシュ( / ) から右は任意のコメント
です。このアップリンクが通ると、瞬時にインターネット経由で APRS サーバー
から、次のようにコメント部分のメールが返ってきます。実験成功です。

> APRS Message from JE9PEL
> From: OpenAPRS - APRS Message to Email Gateway
> To: ei7m-wkt@asahi-net.or.jp
> Date: Sat, 4 Jun 2011 14:34:28 -0700
> 
> /SatSE Test
> 
> ----------------------------------------
>   Date     : 2011-06-04 21:34:28 UTC
>   From     : JE9PEL
>   To       : ei7m-wkt@asahi-net.or.jp
>   IGATE    : JA0CAW-1
> ----------------------------------------
> OpenAPRS.Net Message to Email Gateway

MIC-E の概念は難解です。究極の通信の効率化を図っています。この概念を理解
しているサテライターは(失礼ながら)私の知る限り、恩師 JH4XSY/1 局のみです。
UNPROTOコマンドに『un 3URSP5 via ARISS』のようにお呪いを埋め込み、さらに
アップリンクメッセージに『`C@Y\\\-/MIC-E via ISS』というお呪いを埋め込み
ます。スラッシュ( / ) から右は同じく任意のコメントです。 スラッシュ( / ) 
から左がポイントです。『\\\』の部分は 実際はバイナリデータを埋め込みます。
この二つの『3URSP5』と『`C@Y\\\』で、その局(この例では自局)の緯度経度の
位置情報が埋め込まれます。このアップリンクが通ると瞬時に、APRSサーバーに
位置情報とコメントの両方が自動的に登録されます。これも実験成功です。

APRS SSET , http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr553.htm
APRS MIC-E, http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr552.htm

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック