PICNIC #32009年10月08日 17時34分

《 PC, PICNIC 間の接続実験》

1.PC の設定

 (1) スタート - コントロールパネル - ネットワーク接続 - ローカルエリア接続
      - プロパティ - インターネットプロトコル(TCP/IP) - プロパティ
      - 最初、「IPアドレスを自動的に取得する」にチェックが入っているので、
        これを「次の IP アドレスを使う」にチェックし直し、次を入力する。
        (インターネット接続に戻したい時は、チェックを元に戻す。)

 (2) IPアドレス       192.168.0.1
     サブネットマスク    255.255.255.0
     デフォルトゲートウェイ (空欄)


2.PICNIC 基板の通電

 (1) PICNIC と PC を LANクロスケーブルで直結
    (HUB 経由の場合は双方ストレートケーブル)
 (2) 電源ON
 (3) 緑LED が点灯する
    (黄LED は LAN からのデータ受信で時々点滅する)

 


3.ping による PC, PICNIC 間の通信

 (1) スタート - すべてのプログラム - アクセサリ - コマンドプロンプト
 (2) PICNIC の IPアドレス 192.168.0.200 に、ping を通す。

     C:\・・・>ping 192.168.0.200

 (3) 次のような表示が出れば、接続動作確認完了。

 


4.http プロトコルによる PC, PICNIC 間の通信

 (1) web ブラウザ (インターネットエクスプローラ) を立ち上げる。
 (2) アドレス欄に、次を入力する。

     http://192.168.0.200/

 (3) 次の画面が出れば、PICNIC 内容確認完了。

 

  ※(補足)
    自局では最初、画面に次の表示が出て先に進めませんでした。
    
    「要求された Web ページは、オフラインでは接続できません。」
    
    そこで、IE - ツール - インターネットオプション - 接続 とすると
    最初、「通常の接続でダイヤルする」にチェックが入っていたので、
    「ダイヤルしない」にチェックし直したところ、画面に上記内容確認が
    表示されました。それでも H/L ボタンを押すと、「要求された・・・」
    の表示が相変わらず出ます。これ以上先に進めなかったので、ここは
    これで良しとしました。
    (インターネット接続に戻したい時は、チェックを元に戻す。)


5.CALSAT32 からの制御確認

 (1) CALSAT32 を立ち上げ、適当な衛星を選択する。
 (2) コントロール - アンテナ - 「コントロールパネルの設定と変更」
     をクリックして、次の表示が現れることを確認する。

 


 (3) コントロール - アンテナ - 「コントロールパネルを開く」
     の中の紫色の矢印は、次の LED に対応していました。

     LED4  LED5  LED6  LED7
      →    ←    ↑    ↓
     (右)  (左)  (上)  (下)

  

本日(10/8)の実験はこれで終わり。

SOHLA-1 運用終了2009年10月08日 19時42分

10月10日 午前0時36分の交信をもって、SOHLA-1 の運用が終了するという広報
がありました。思い入れのある衛星で、真に寂しいかぎりです。何事にも最後
はあるものなので仕方がないですね。これまでの経験を今後に生かしてほしい
と思います。管制局の皆様、いろいろとありがとうございました。最終パスの
信号音は、しっかりと聞いておこうと思います。

http://www.sssrc.aero.osakafu-u.ac.jp/HP_M/資料/まいど1号の運用終了について.pdf