HRD2009年10月04日 08時31分

Calsat32 で送受信周波数を表示するにはこの方法もあるのですが、TS-790 に
対応しておらず、現状のインターフェースも接続していないところで、便宜上
Calsat32 - コントロール - トランシーバ - TS2000 とすると、PC の CPU が
固まってしまいます。そこで、SATFREQ_UVJ の登場です。以前、ここでも話題
になった『HRD,Ham Radio Deluxe』の導入も考えているのですが、HRD による
アンテナ・周波数の制御、および TNCによるパケット処理を複数の PC で行う
ことはともかく、これを1台の無線機(TS-790) の 2~3個しかない端子で処理
できるのでしょうか? 現在、すでに無線機のコネクタ端子はパケット処理で
使い切っています。HRD については、次の記事が大変参考になります。

http://wakky.asablo.jp/blog/2009/01/03/4040969#c
http://wakky.asablo.jp/blog/2009/01/26/

※ インターフェースの件、ある方から貴重なコメントをいただきました。
  検討させていただきます。Tnx.

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック