CO-65 SRLL protocol2009年09月07日 22時20分

CO-65, 21:38-21:50JST 07Sep2009, Mel 32deg, SRLL protocol  
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr588.htm

FO-29 運用予定 9月,10月2009年09月08日 19時04分

FO-29 管制局 Blog より転載
日本時間(JST) に換算しました。 by JE9PEL/1

【9月】
12日 06:37, 21:21★
13日 07:26, 20:30
14日 お休み
15日 07:23
16日 21:15★
17日 07:20
18日 21:03★
19日 07:15, 20:15
20日 06:20, 21:05★
21日 21:55★
22日 07:58, 19:10
23日 07:10, 21:50
24日 お休み
25日 19:58
26日 07:50, 20:50★
27日 06:55, 21:36★
28日 お休み
29日 06:50, 21:35★
30日 07:45, 20:40★

【10月】
 1日 06:45, 21:30★
 2日 07:35, 20:35
 3日 06:45, 21:25
 4日 07:28, 20:28
 5日 お休み
 6日 07:25, 22:08
 7日 06:33, 21:10
 8日 07:23, 22:05
 9日 06:35
10日 20:12
11日 08:08, 21:05★
12日 07:12, 20:08
13日 お休み

------------
【QTC】
 日陰時に UVC により送信機が自動的に OFF になります。OFF になった瞬間を
確認された方はその日時を下記までお知らせくださいますようお願いいたします。
 lab (アットマーク) jarl.or.jp
------------
★の付いた周回はコマンド作業に時間がかかることが予測されます。また、回線
の状態により中継機を ON にできない可能性も有ります事をご了解下さい。

ISS active2009年09月09日 21時23分

本日(9/9)夜、仰角 4度のパスで交信成立です。

RS0ISS-4>CQ,SGATE [09/09/09  21:02:13] <UI R>:>ARISS - International Space Station (BBS/APRS on)
JA1AZR>APRS,RS0ISS-4* [09/09/09  21:03:26] <UI>:HELLO ALL.
JA1AZR>APRS,RS0ISS-4* [09/09/09  21:03:40] <UI>:=3637.24N\14040.40ES HITACHI-CITY {UISS52}
JE9PEL>APRS,RS0ISS-4* [09/09/09  21:03:45] <UI R>::ALL      :Hello via ISS
JA1AZR>APRS,RS0ISS-4* [09/09/09  21:04:33] <UI>::JE9PEL   :GE UR 599
JE9PEL>APRS,RS0ISS-4* [09/09/09  21:04:37] <UI R>::JA1AZR   :Hello via ISS

SumbandilaSat 情報2009年09月10日 19時08分

2009年9月15日に打ち上げ予定の、南アフリカの衛星 SumbandilaSat について
昨年11月に、次の Blog 記事に翻訳しました。現在、状況がどうなっているの
か不明ですが、ここに再掲します。

----------------------------------------------------------------------

これは公式発表である。 南アフリカ共和国の第二の衛星 SumbandilaSat は、
今年12月から来年3月 の間に、ロシア・バイコヌール宇宙基地から打ち上げら
れる。(注.第一の衛星は、SUNSAT-1 (SO-35), University of Stellenbosch.
この Sumbandila は、南アフリカ現地語の Tshivenda 語で「探検者」の意味)

バイコヌール宇宙基地は、世界最初の人工衛星、Sputnik-1 が発射された基地
である。ロシアの打ち上げロケットを使用するすべての宇宙ステーション飛行
は、バイコヌールから打ち上げられる。バイコヌールはさらに、プロトンロケ
ットを打ち上げられるロシア唯一の射場で、そこは Zarya、つまり宇宙ステー
ションの最初の機材発射のためにも使われた。

バイコヌールという名前は誤解を招きやすい。旧ソ連は、そのロケット集合体
の位置を述べるために、小さな鉱山都市バイコヌールの名前および座標を使用
した。実際の発射施設は、カザフスタンのチュラタム(Tyuratam)の近くにある
鉱山都市の約322km 南西にある。この誤報は、発射施設の実際の位置を隠すた
めに故意に行われた。本当の位置は今知られているが、発射施設はまだバイコ
ヌールと呼ばれている。

SumbandilaSat は最初、ロシアの潜水艦から Sthilロケットで発射する予定で
あったが、ロシアの様々に関連する政治問題により計画は異常な形で終わった。
そして、DST(Department of Science and Technology) は、新たな発射機会の
模索を始めた。ロシア外交により契約を尊重しながら打ち上げをバイコヌール
に変更することになった。

SumbandilaSat は、既に梱包が解かれた。打ち上げロケットに設置するために
ロシアに移送される前に、(南アフリカ共和国) Stellenbosch の SunSpace で
試験が続けられている。 射場のエンジニアたちは、ロケット上の Sumbandila
構造を提供するための特殊アダプターリングを準備している。

http://www.amsatsa.org.za/index.htm

----------------------------------------------------------------------

(別の参考記事)
The South African small satellite ZA-002 or Sumbandila is a low-earth-
observation (LEO) satellite that can take high-resolution pictures of
any area in South Africa and which enables South Africa to collaborate
 with other countries.

The programme, which will receive government funding of 26m, will be
carried out in conjunction with the University of Stellenbosch and
Sun Space & Information Systems (Pty Ltd.)

Sumbandila will carry an GSD imager with a ground resolution of 6.25m.
Live downlinking of PAL video images during TT&C ground station passes
will also be possible. Additional experiments are VLF measurements,
an amateur radio payload, an AIS experimental payload and a vibrating
string experiment. 

Sumbandila was planned to be launched together with Kompass 2N on a
submarine-launched Shtil-2.1 rocket, but after unresolved quarrels over
a russian tracking sation on South African territory, russia refused to
launch the satellite. A Piggyback launch on a Soyuz-2-1b Fregat has
been selected as an alternative.
  

Nation: South Africa 
Type / Application: Experimental 
Operator: University of Stellenbosch, SunSpace 
Contractors: SunSpace 
Equipment: see above 
Configuration: ? 
Propulsion: ? 
Lifetime: 3 years 
Mass: 60 kg 
Orbit: 500 km 

Satellite            Date  LS  Launcher
Sumbandila (ZA-002)  2009  TB  Soyuz-2-1b Fregat

Remarks:
with Meteor-M 1, Sterkh 2, Universitetsky 2, IRIS, UGATUSAT, BLITS

http://www.skyrocket.de/space/doc_sdat/sumbandila.htm

Phase 3D AO-40 Beacon & SSTV 20022009年09月10日 23時06分

7N1JVW 藤田忠義氏による 2002年頃の運用風景です。

・AO-40用のベランダアンテナの紹介と操作の様子
・AO-40の2401MHzビーコンの受信とデコーダーソフトによる解読の様子
・ソフト MMSSTVによるの交信の様子、ニュージーランドの局など。
・最後にAO-40SSTVで交信した保存画面の紹介。
 ニュージーランド、南極8J1RF、南アフリカ、北米、アジアなどの各局。

もう一つの打ち上げ情報2009年09月11日 18時54分

SumbandilaSat の運用形態の詳細がわかりました。

Launch: 15 Sep. 2009
Vehicle: Soyuz-2-1b Fregat
V/U transponder: 2m Up / 70cm down (145.880/435.350MHz)
Voice beacon: length 15 seconds    (435.300MHz)
Parrot repeater: every 20 seconds
http://www.amsatsa.org.za/Anton%20Cotezzee%20Sumbandila%20Sat%20Message.mp3

これらの機能は CTCSS tone でコントロールされます。
http://www.amsatsa.org.za/SZASAT.htm


あと、9月下旬に Oceansat-2, BeeSat, UWE-2, ITU-pSat1, SwissCube-1,
Rubin-9.1, Rubin-9.2 の各衛星の打ち上げも予定されています。

Launch: Later Sep. 2009
Vehicle: PSLV C14
Site   : ISRO Satish Dhawan Space Centre Sriharikota India
Main Payload: Oceansat-2

Satellite     Country       Downlink   Mode               CallSign
-----------   -----------   --------   -----------------  --------
Oceansat-2    India         ?          ?
BeeSat        Germany       436.000    GMSK 9600/4800bps  DP0BEE
UWE-2         Germany       437.385    CW,  1200bps AFSK
ITU-pSat1     Turkey        437.325    CW, 19200bps GFSK
SwissCube-1   Switzerland   437.505    CW,  1200bps AFSK  HB9EG
-----------   -----------   -------    -----------------  --------

Oceansat-2
Nation: India
Type / Application: Earth Observing
Operator: ISRO, Indian Space Research Organization
Contractors: ISRO
Equipment: OCM, SCAT, ROSA
Configuration: IRS-1 Bus
Mass: 952 kg
Downlink: ?
http://www.skyrocket.de/space/doc_sdat/oceansat-2.htm

BeeSat
Nation: Germany
Type / Application: Technology
Operator: Technical University of Berlin
Contractors: TU Berlin
Equipment: ?
Configuration: CubeSat
Mass: 1 kg
Downlink: 436.000MHz, 9600/4800bps GMSK
http://www.beesat.de/
http://server02.fb12.tu-berlin.de/rft/beesat/BeeSat/Welcome_to_BeeSat.html

UWE-2
Nation: Germany
Type / Application: Technology
Operator: Bayerische Julius-Maximilians-Universitat Wurzburg
Contractors: Bayerische Julius-Maximilians-Universitat Wurzburg
Equipment: ?
Configuration: CubeSat
Mass: 1 kg
Downlink: 437.385MHz, 1200bps AX.25/CW
http://www7.informatik.uni-wuerzburg.de/
http://epubl.ltu.se/1653-0187/2008/032/LTU-PB-EX-08032-SE.pdf

ITU-pSat1
Nation: Turkey
Type / Application: Technology
Operator: Istanbul Technical University - Faculty of Aeronautics and Astronautics
Equipment: ?
Configuration: CubeSat
Mass: 820 g
Downlink: 437.325MHz, 19200bps GFSK/CW
http://usl.itu.edu.tr/
http://mstl.atl.calpoly.edu/~bklofas/Presentations/SummerWorkshop2007/Aydin_Tayfun.pdf

SwissCube-1
Nation: Switzerland
Type / Application: Technology
Operator: Ecole Polytechnique Federale de Lausanne
Contractors: Ecole Polytechnique Federale de Lausanne
Equipment: ?
Configuration: CubeSat
Mass: 1 kg
Downlink: 437.505MHz, 1200bps AFSK/CW
http://swisscube.epfl.ch/

CO-65 GMSK .....2009年09月12日 22時37分

数度、GMSK音が聞こえたきり。

CO-65 DCD .....2009年09月13日 22時07分

本日も DCD 点滅のみ。 Up +4kHz +α とのこと。

CO-65 SRLL .....2009年09月14日 20時55分

 
ノイズゴロゴロでほとんどデコードせず。

Satellites today2009年09月15日 14時03分

CO-65   10:02  最初フェイントで SRLL
CP-6    10:31  聞こえず by HawkSat-1
SOHLA-1 12:46  FSS 快調
SumbandilaSat  初期軌道要素について
--------------------------
Subject: SumbandilaSat TLE
From: Mineo Wakita
To: saamsat
Date: Tue, 15 Sep 2009 10:00:37 +0900

Hello,
Do you have an early element of SumbandilSat?

Thank you.
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/sumbandi.htm
JE9PEL, Mineo Wakita

Re: SumbandilaSat TLE
From: Hans
To: Mineo Wakita
Date: Tue, 15 Sep 2009 07:14:54 +0200

Unfortunately not
Hans
--------------------------

CASTOR  15:19  弱くて取れない。数分早く飛んでる感じ。
ISS     15:29  LOS間際にかろうじてアクセス
--------------------------
JE9PEL>APRS,RS0ISS-4* [09/15/09  15:36:39] <UI R>::ALL      :Hello via ISS
JE9PEL>APRS,RS0ISS-4* [09/15/09  15:36:57] <UI R>:=3523.05N/13936.61E- Yokohama Japan {UIV32}
--------------------------

SumbandilaSat の打ち上げは、モスクワ時間 19:55 (日本時間では 16日かな?)。
打ち上げ直後は管制局上空のみの運用で、アマチュア局には開放されない。
しかし、いずれ開放されるだろう。