SOHLA-1 最新情報2009年09月07日 19時34分

Subject: まいど1号のアマチュア無線運用について
From: SOHLA-1 FSS
To: je9pel
Date: Mon, 7 Sep 2009 18:49:08 +0900

脇田美根夫様
大阪府立大学の○○です。

10月以降のまいど1号のアマチュア無線運用についてお知らせさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------
まいど1号運用室より転載 (http://www.sssrc.aero.osakafu-u.ac.jp/HP_M/index.html)

まいど1号の運用管制は、JAXAの Sバンド通信設備を用いて行われており、府大局の
アマチュア無線運用も JAXAに衛星の支援運用をしていただくことで成り立っています。
Sバンドによる JAXAの支援運用は8月末で契約が切れたため、東大阪宇宙開発協同組合
(SOHLA)は9月末までの契約延長を行いました。それ以降の契約延長については未定です。
アマチュア無線送受信機はSバンド終了後も使用可能ですが、Sバンドによる運用の停止
後は衛星の全ての機能が短時間で失われる可能性が大きいと思われます。府大局では、
JAXAによる Sバンド運用が終了した場合も、アマチュア無線運用を可能な限り継続して
いきます。皆様の温かいご協力をお願いいたします。(09/09/07)
-------------------------------------------------------------------------------

また、来週頃より夜運用の再開、HTRX の RAM への書き込み→読み出し実験を行う予定
です。現在、EMを用いて動作確認を行っているところです。全国のアマチュア無線家へ
メッセージを届けられるよう準備をしていきます。

実施するパス等、詳しい内容が決まり次第、ホームページに掲載いたします。
今後とも、まいど1号をよろしくお願いします。

----------------------------------
大阪府立大学 工学部 航空宇宙工学科
小型宇宙機システム研究センター
府大太陽センサ解析班
----------------------------------

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック